井上雅彦 監修_『ロボットの夜―異形コレクション』

井上雅彦監修の異形コレクションシリーズの一冊です。ロボットというとSFテーマですが、どちらかというとこのシリーズらしいホラーテイストの作品が多かったです。
・梶尾真治「小壺ちゃん」=割とほのぼのテイスト。ロボットのレンタル料が安すぎて胡散臭さすぎます(笑)
・眉村卓「サバントとボク」=人間の自立を促す判断をするロボットが泣かせます。同様の「人類が衰退してロボットの社会になっている」という設定の作品がいくつかありました。
・堀晃「背赤後家蜘蛛の夜」=有名なミステリーのパロディですがコンピュータとフェルマーの最終定理が絡んで思わぬ結末になります。
・北原尚彦「人造令嬢」=吸血鬼騒動と人造人間の関係が面白いです。
・江坂遊「缶詰28号」=鉄人28号パロディのベリーショートですが主人公=鉄人という発想が目新しいです。

スポンサーサイト



「このミス」大賞編集部・編_『もっとすごい! 10分間ミステリー 』

「このミス」受賞作家31名による一作品10分で読めるバラエティに富んだショート・ショート・アンソロジーです。アイデア勝負なので作品により好みが分かれるのですが、打率はなかなか高めです(17/31)。
◎葉桜のタイムカプセル(岡崎琢磨)…少女の友情をめぐる悲しく切ない話です。ウルッと来ちゃいました(^^;) 
○稀有なる食材(深津十一)…えっ、そんな物食べちゃうの?! 
・ずっと欲しかった女の子(矢樹純)…タイトルがネタバレか?(笑)
     

新潮社ストーリーセラー編集部・編_『Story Seller2』

ストーリーセラーとほぼ同じ面子の第2弾で、沢木耕太郎が入って道尾秀介が抜けています。ストーリー的につながっているものとそうでないものがありました。軽く読めて時間つぶしにいい感じです。

『沢木耕太郎/マリーとメアリー』…これはストーリーというよりエッセイでは?
『伊坂幸太郎/合コンの話』…前作「首折り男」と薄~いつながり。合コンに参加した謎の男の正体は?
『近藤史恵/レミング』…前作同様の自転車競技ネタ。長編も読みたくなってきた。
『有川浩/ヒトモドキ』…主人公家族は「ヒトモドキ」に対して必要以上に攻撃的で共感できない。この人はこういう作風なのかな?
『米澤穂信/リカーシブル-リブート』…義理の母弟と暮らす主人公(中学生の少女)が生意気だけど健気。
『佐藤友哉/444のイッペン』…謎解きは反則!主人公の過去や正体が気になるので続きがあるなら読みたい。
『本田孝好/日曜日のヤドカリ』…主人公(お父さん)のイメージはピエール瀧(笑)
     

東野圭吾・選_『スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎001』

当代を代表する人気作家の作品を東野圭吾が選んだ8作品…これで面白くないわけはありません(笑)
「筒井康隆_母子像」作者にしてはおふざけがない(笑)正統派ホラー。因果応報というわけではないのが怖いところです。
「連城三紀彦_ぼくを見つけて」時を越えた救出要請の意外な真実…時間SFではありませんでした(笑)
「宮部みゆき_サボテンの花」卒業間近の生徒たちの奇妙な行動の理由は…普通は嫌われ役の教頭先生がいい味を出しています。
     

・収録作品
「新開地の事件」 松本清張
「母子像」 筒井康隆
「双子の家」 赤川次郎
「緋色の記憶」 日下圭介
「北斎の罪」 高橋克彦
「ぼくを見つけて」 連城三紀彦
「手話法廷」 小杉健治
「サボテンの花」 宮部みゆき

新潮社ストーリーセラー編集部・編_『Story Seller』

日本のエンターテインメント界を代表する7人が競演!ということですが、私が既読の作家は2人(伊坂幸太郎、有川浩)でした。名前だけは知っている作家の作品を読むいい機会になりました。

『伊坂幸太郎/首折り男の周辺』…作者らしい感じ。私には短編くらいがちょうど良い。
『近藤史恵/プロトンの中の孤独』…自転車競技を描いたスポーツ小説でミステリー的な仕掛けは無かった。
『有川浩/ストーリー・セラー』…登場人物が主人公たちを含めてエキセントリックでちょっとのれない。 
『米澤穂信/玉野五十鈴の誉れ』…閉塞感のある時代背景がいい。長編も読んでみたい。
『佐藤友哉/333のテッペン』…起きる事件は面白いが終盤物語が発散した。
『道尾秀介/光の箱』…トリックがややわざとらしいのは意図的なものなのかな?
『本田孝好/ここじゃない場所』…学園物はあまり好きじゃないけど主人公のキャラが良いのかこれは面白い。   
 

集英社文庫編集部・編_『短編復活』

「小説すばる掲載の短編小説郡からよりすぐりの秀作16編」ということで執筆陣が超豪華です。綾辻行人「特別料理」は「眼球奇譚」で既読ですが、やはりインパクトが強烈で本当に嫌な(ホメコトバ)作品です。清水義範「苦労判官大変記」は弁慶と義経の真実(?)に迫ります。義経(?)のキャラクターがいい感じです。坂東真砂子「盛夏の毒」は男女間の嫌な話で、この手の話では作者の右に出るものはいません。東野圭吾「超たぬき理論」はオチの脱力感がなかなか激しい秀作です(笑) 
     
集英社文庫編集部・編

・収録作品
回想電車(赤川次郎)
角筈にて(浅田次郎)
特別料理(綾辻行人)
蛍ぶくろ(伊集院静)
岩(北方謙三)
猫舐祭(椎名誠)
38階の黄泉の国(篠田節子)
プレーオフ(志水辰夫)
苦労判官大変記(清水義範)
梅試合(高橋克彦)
盛夏の毒(坂東真砂子)
超たぬき理論(東野圭吾)
さよなら、キリハラさん(宮部みゆき)
キャンパスの掟(群ようこ)
いるか療法―突発性難聴(山本文緒)
青の使者(唯川恵)

北村薫・編_『謎のギャラリー特別室』

いかにも北村薫氏が好きそうな「謎」に満ちた12編、文学チックな話からマンガまで多様な構成です。
・遊びの時間は終わらない
『銀行強盗の防犯訓練は犯人役の刑事の活躍(?)で思わぬ長期戦に入っていく。』
ナンセンスなドタバタ話。モックン主演で映画化されているそうです。見たいな~ 
・ナツメグの味
『友人をめった切りにしたとかつて疑われた男は至極穏やかな人物だった。しかし…』
 こういう人、身近にいたら怖いな~、いるかもしれない。私自身は違う…と思います(笑)
     

・収録作品
遊びの時間は終らない(都井邦彦)
俄あれ(里見)
猫の話(梅崎春生)
なにもないねこ(別役実)
チャイナ・ファンタジー、巨きな蛤、家の怪、寒い日(南伸坊)
ねずみ狩り(カットナー,ヘンリィ)
煙の環(ライス,クレイグ)
ナツメグの味(コリア,ジョン)
やさしいお願い(樹下太郎)
歌の作りかた(阪田寛夫)
獅子の爪(コッペ,フランソワ)
エリナーの肖像(アラン,マージャリー)

日本推理作家協会・編_『事件を追いかけろ サプライズの花束編』

『短編14編を収録したサプライズ・ミステリーのフルコース』ということです。「サプライズ!」ってほどの作品は少ない気もしますが…
・「立ち向かう者」:編集序文の「涙腺の弱い人はハンカチの用意を」は伊達じゃありませんでした。生物兵器のくだりでは爆笑しました。
・「バンク」:軽薄なキャラクターがいかにも伊坂幸太郎らしい作品です。銀行強盗が警察の目をかいくぐって脱出するトリックが秀逸でした。
・「密室の抜け穴」:これも横山秀夫らしい作品です。タイトルの密室が○○○のことだとは思いませんでした。


収録作品
東 直己  立ち向う者
泡坂妻夫  蚊取湖殺人事件
池井戸 潤 口座相違
伊坂幸太郎 バンク
大沢在昌  ジョーカーとレスラー
北川歩実  天使の歌声
五條 瑛  偽りの季節
笹本稜平  死人の逆恨み
佐野 洋  名誉キャディー
永井するみ 雪模様
夏樹静子  リメーク
新津きよみ 拾ったあとで
光原百合  花をちぎれないほど…
横山秀夫  密室の抜け穴

高橋克彦・編_『十の物語』

タイトルどおり怪奇小説10編の短編集です。各作品とも一定の完成度があり楽しめました。
「人間華」:マッドサイエンティストものが最後にファンタジーにオチるのが意外でした。
「魔性の猫」:現代版化け猫。ベタだけど怖い話でした。
「角姫」:ユーモラスな語り口がこの中では異色、怖いというよりは楽しい話でした。
「すてきな三人ぐみ」:偶然手にした古い絵本が子供のころの罪を呼び起こす話。謎に満ちた導入部がツボです。
「月ぞ悪魔」:コンスタンチノープルが舞台。異国情緒が漂います。
     








収録作品
「人間華/山田風太郎」
「魔性の猫/山村正夫」
「角姫/三橋一夫」
「卵/夢野久作」
「兜/岡本綺堂」
「すてきな三にんぐみ/中津文彦」
「月ぞ悪魔/香山滋」
「狐火の湯/都筑道夫」
「赤い鼻緒の下駄/柴田錬三郎」
「ザシキワラシ 一~九/佐々木喜善」

山前譲・編_『海外トラベル・ミステリー』

有名作家たちによる海外トラベルミステリーのアンソロジーです。現地の写真などもさしはさまれ旅情を感じさせます。東野圭吾は軽妙で面白い、北方謙三は暴力的であまり好みじゃない、など作品の傾向は作家によって私には好き嫌いがあります。「地上絵」がこのアンソロジーでは異色のファンタジーオチで印象に残りました。
 
収録作品
・藍い幌子(伴野朗)
・二月二日ホテル(北方謙三)
・タクシー・ボーイ(藤田宜永)
・オーロラの叫び(高柳芳夫)
・地上絵(小沢章友)
・コスタリカの雨は冷たい(東野圭吾)
・湖に死す(三好徹)
 

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ