読書、鑑賞、候補

・読書
ニンジャスレイヤー
われらはレギオン 

ナツメ社の図解雑学
Newtonライト

7seeds
ヴィンランド・サーガ
AKIRA

ライム、キャサリンダンス もの
サウスバウンド 我が家のヒミツ 奥田英朗
裸のサル
鬼姫人情事件帖
藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 3 俺と俺と俺
アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書
翡翠城市
死のロングウォーク
カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズ
黒猫の三角 Delta in the Darkness
窓から逃げた100歳老人
殺人犯はそこにいる-隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件
時空大戦1~4〉ディトマー・アーサー・ウェアー

火星無期懲役
白昼夢の森の少女〉恒川光太郎
氷菓 米澤穂信
乾緑郎
荒木源
日本懐かし団地大全
峠 司馬遼太郎
藤中さんの年間ベスト

数字を一つ思い浮かべろ 町田
機巧のイヴ 続編
ザ・ジョーカー 大沢在昌
137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史
ローカル線で行こう!
鬼平犯科帳
砂漠の悪魔 近藤史恵
マンガでわかる素粒子物理学
ニューロマンサー
プロジェクトぴあの 町田のみ  
怨讐星域 町田のみ
ブレイク・クラウチ 町田には一通りある
墜落の夏 日航123便関連
不思議の国のトムキンス
夢枕獏
この世界の片隅に
おおきく振りかぶって
バガボンド
クッキングパパ
ベルサイユのばら 
OL進化論
湖畔荘
探偵倶楽部
ウは宇宙船のウ 萩尾望都
エクソシスト ウィリアム・ピーター・ブラッティ
〈イルカは笑う〉田中啓文
藤井太洋
アポロ11号 月面着陸から現代へ
太陽の簒奪者
〈樹海〉鈴木光司
ねじの回転 ヘンリー・ジェイムズ
曲げられた真相
儚い羊たちの祝宴
エスパイ
アイネクライネナハトムジーク 伊坂幸太郎
童夢
バビル二世
鎌倉のおばさん
ピルグリム
だじゃれ日本一周
ユニヴァーサル野球協会
怪獣文藝
Story Seller
楽園のカンヴァス
ルカの方舟
今はもういないあたしへ
寺田克也式ガソリン生活
世界史再入門
手塚治虫名作集 2
藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 8
宇宙から恐怖がやってくる! ~地球滅亡9つのシナリオ
わたしが眠りにつく前に(町田の図書館にある)

・鑑賞
ジブリ
キングダムハーツ 美女と野獣 ゲイリー・トゥルースデイル監督
ピクサー
歌舞伎名作撰
ちびまる子ちゃん
プロジェクトX
貸し出しの多い映像資料
ダーティ・ハリー
ロッキー
森田芳光
男はつらいよ
フューリー
黒澤明 https://cinema-rank.net/list/50711
山田洋次

天使にラブ・ソングを2
GOEMON
ロボコップ3
ダイ・ハード2
グーニーズ
刑事コロンボ
ベストキッド
シュレック2
クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
かもめ食堂
サイコ
翼よ!あれが巴里の灯だ
スター・トレック 2/カーンの逆襲
アザーズ
シックス・センス
キル ビル
・アマゾンプライムで見たい映画
テケテケ、黒い家、
・HULUで観たい映画
フィッシュストーリー インスタント沼 パプリカ ヒーローショー 復活の日  ターミネーター3 僕の彼女はサイボーグ 鷹の爪 SRサイタマノラッパー 片腕マシンガール
スポンサーサイト



CanonのCanoScan LiDE 40の動作確認

「コンピューター」を右クリック
「管理」を選択して「コンピューターの管理」を開く
「デバイスマネージャー」を選ぶ
「CanoScan」を右クリック
「ドライバー ソフトウェアの更新」を選択
「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」を選択
コンピューター上のデバイス ドライバーの一覧から選択します」をクリック
「イメージング デバイス」を選択して「次へ」。
左側のボックスから「Canon Inc.」を選択
右側のボックスで「CanoScan LiDE 60」を選択し、「次へ」
「はい」を選択

2011年11月9日

CanonのCanoScan LiDE 40の動作確認

とーふ パソコン, Windows ドライバ, Canon, CanoScan, Lide40, Windows8 コメントする

CanonのCanoScan LiDE 40の動作確認を行ったので、追記しました。

実はLide40はメーカー側はWindows7 32bitまでの対応としていますが、Lide60のドライバを使用することでWindows7 64bitでも動いてしまいます。

他のサイトでは、ドライバのインストーラを展開していったり、infファイルを書き換えたりするように紹介されていますが、ただインストーラを走らせるだけでも問題なくドライバをインストールできます。

以下より、ドライバファイル「ScanGear CS Ver 11.1.1.1a 64」と「CanoScan Toolbox 4.9.4.2」をダウンロードし、それぞれインストールします。

ドライバの方は、exeファイルを実行すると解凍作業が行われた後、自動的にインストールが開始されます。インストールが終了すると、プログラムは自動的に終了します。

・Windows 7 64bit用 CanoScan 60ドライバ「ScanGear CS Ver 11.1.1.1a 64」

http://cweb.canon.jp/drv-upd/canoscan/x64sg11111a_64.html

・Windows 7 64bit用 CanoScan 60 ユーティリティーソフト「CanoScan Toolbox 4.9.4.2」

http://cweb.canon.jp/drv-upd/canoscan/cstb4942.html

2012年8月12日 追記 この記事は今も毎日一定の閲覧数があるので、今更ながら詳しいインストール方法を追記しました。

次に、インストールしたLiDE 60のドライバを手動でLiDE 40に適用します。

まずデスクトップ上かスタートメニューの「コンピューター」を右クリックし、「管理」を選択して「コンピューターの管理」を開きます。

そうしたら、左の「デバイスマネージャー」を選ぶと、右側に現在コンピューターに接続されているデバイスの一覧が表示されます。

http://tetsupc.files.wordpress.com/2012/08/computermgmt-mini.png?w=435&h=324

http://tetsupc.files.wordpress.com/2012/08/devicemgr_thumb.png?w=504&h=333

デバイスマネージャーを表示させ、LiDE 40を接続すると、ドライバがインストールされていないため「ほかのデバイス」に「CanoScan」という名前でLiDE 40が表示されています。

これを右クリックし、「ドライバー ソフトウェアの更新」を選択します。

http://tetsupc.files.wordpress.com/2012/08/drv-update_thumb.png?w=504&h=333

するとまずドライバーを見つける方法を選択するように聞かれますが、既にインストールされているLiDE 60のドライバを使用するため、「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」を選択。

http://tetsupc.files.wordpress.com/2012/08/drv-update-choose_thumb.png?w=504&h=412

今度はドライバーの場所を指定するか、一覧から選択するように聞かれます。「コンピューター上のデバイス ドライバーの一覧から選択します」をクリック。

http://tetsupc.files.wordpress.com/2012/08/drv-update-already_thumb.png?w=504&h=412

インストールするデバイスドライバーを絞り込むため(元々インストールされているドライバーの数自体が半端無い)、まずはデバイスの種類を聞かれます。「イメージング デバイス」を選択して「次へ」。

http://tetsupc.files.wordpress.com/2012/08/drv-image_thumb.png?w=504&h=412

今度は、メーカーを選択後に各デバイスのドライバーを指定します。

左側のボックスから「Canon Inc.」を選択し、右側のボックスで一番下(環境により異なる場合があります) にある「CanoScan LiDE 60」を選択し、「次へ」。

http://tetsupc.files.wordpress.com/2012/08/drv-lide40-lide60_thumb.png?w=504&h=412

すると当然ながら、違うデバイスのドライバーをインストールしようとしているため、本当にドライバーをインストールして良いか聞かれます。

「また、コンピューターが不安定になったり、完全に動作しなくなる可能性もあります。」とあり、スキャナくらいでそこまでの不具合が発生することはないと思いますが、一応自己責任でお願いします。

「はい」を選択すると、ドライバーのインストールが完了した趣旨の画面が表示されます。

http://tetsupc.files.wordpress.com/2012/08/drv-warning.png?w=494&h=272

http://tetsupc.files.wordpress.com/2012/08/drv-lide40-lide60-complete_thumb.png?w=504&h=412

なお、LiDE 40を接続するUSBポートごとにドライバを適用する必要があります。一度適用したポートは、次回からはすぐにLiDE 40を使用できます。

すべての場合において正常に動作する保証はないので、自己責任で行ってください。

と、ここまでであればほかのサイトに掲載されていますが、Windows7 64bitで動いた→ならばWindows 8 Developer Previewでも・・・となってしまうのが私ですw

というわけで確認し、無事Windows 8 Developer Previewでも問題なく動作しました。

ただし、デバイスとプリンターからスキャンを行うことはできず、CanoScan ToolBoxからスキャンを行う必要があります。

できればCanonに対応ドライバを公開してほしいのですが・・・。

OpenOffice Calc セルに入力する値をプルダウンで選択させる方法

先日入れたOpenOffice。
ようやく慣れてきた感じがします。
・・・まぁ、ただ単に使ってないだけですが。

今回は、セルに入力させる値をプルダウンで選択させる方法。
一度設定すると、それをコピーするだけだから、なかなか設定する機会が無い。
・・・案外忘れちゃうんですよね。

手入力だとミスが起きやすいので、入力補助をしてあげる事は大事な事かと。
特に、自分にとって、大事な事かと。
ミス多いので。

さて、どんなものかと言うと・・・

例:列「ジャンル」があり、そこの入力は「和食」「洋食」「ラーメン」だけとする。
以下のような感じ。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51fHnJlT3nL._SL160_.jpg はじめてのOpenOffice.org―ワープロ表計算プレゼンテーションデータベース図形描画ソフトを使いこなす! バージ (I/O BOOKS)
(2007/08)
松本 美保

商品詳細を見る

店名 ジャンル
和食屋 和食
パスタ屋 洋食
ラーメン屋 ラーメン

ジャンルの部分は、入力する値がある程度決まっている訳です。
そこで、ここを入力補助させてしまいましょう。
プルダウンで選択させてしまう訳です。
その方が、何を入力すればいいか分かるし、いちいち手で入力する手間も省ける訳です。
効率的かつ正確なのです。

やり方は簡単。

1.プルダウンにしたいセルを選択する
2.メニューの「データ」 → 「入力規則」を選択する
3.「条件」タブの「入力値の種類」を「リスト」にする
4.「入力項目」に値を入力していく(改行区切りです)
5.「OK」を押す

以上です。
簡単ですね。
これで、大幅に入力の手間が省けます。
嬉しい限りです。

ちなみに、設定すると、以下のような感じ。

http://blog-imgs-41-origin.fc2.com/r/y/u/ryuichiro310/20081013183631s.jpg

是非お試しあれ。.

ネタバレ投稿のテスト

以下ネタバレネタバレネタバレネタバレネタバレネタバレネタバレネタバレネタバレネタバレネタバレネタバレネタバレ
高機能テキストエディタ(右の方のw)でテキスト色と背景色を一緒にする。
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ