スーパーGT 第3戦 富士GT 500km


ギャオ「スーパーGT 第3戦 富士GT 500km」を観戦しました。
公開は2008年2月28日 正午まで

GT500は上位グリッドにNSXが並ぶ。高速サーキットの富士でこれならNSXの速さは本物。問題は信頼性…
注目はフロントローの2台。前戦スタート直後に接触したTAKATA 童夢 NSXと宝山 TOM'S SCが並ぶ。

GT300では期待されながら結果を残せないでいるARTAガライアが4位と上位に食い込んでいるのが要注意。

以下、ネタバレなので未見の方はご注意を!






















波乱 波乱 波乱

☆『GT500』 NISMO Zが1-2フィニッシュ!
注目の宝山 TOM'S SCがフォーメーションラップでストップするという波乱の幕開け。
NSXフリークの私は「しめしめ」と思っていたのだが…
ポールのTAKATA 童夢は圧倒的な速さでマージンを稼ぐ。壊れなければ(笑)楽勝のペース。
ここで第2の波乱。4位を走っていたエプソンNSXが周回遅れのマシンと接触して大破炎上
赤旗中断となってしまう。再度のローリングスタートとなりTAKATA 童夢はせっかくのマージン
を失ってしまう。この時点でNISMO Zの2台が2位、3位に付けていた。
ところが再開後マージンは失ったものの快走していたTAKATA 童夢はまたまた壊れてしまう。
今度はミッションのトラブルだそうで…(>_<)
結局、ザナヴィ、モチュールとZが今期の初優勝を1-2で飾った。

☆『GT300』 ARTAガライアが1ストップで優勝
赤旗中断でマージンを失うという不利にもかかわらず1ストップ作戦でARTAガライアが優勝。
ドライバーの新田/高木は共に優勝回数が多いベテラン。
GT300では燃費の良い車は1ストップも可能で作戦的にも面白い。
私が応援している紫電はウェイトを積みながらも5位に入りポイントを重ねた (^_^)

NSXは相変わらず壊れますね~_マージンを限界まで削ったから速いのでしょうか?
鈴鹿1000kmではどうなることやら…
スポンサーサイト



神坂一_『死霊都市の王』

読書リスト(4)に「神坂一_死霊都市の王」を追加しました。

剣と魔法の国が舞台、美少女魔道士「リナ」が活躍する「スレイヤーズ」の第8巻。

魔竜王ガ―ヴによって絶体絶命のピンチに陥ったリナの前に冥王フィブリゾが現れる。
フィブリゾに助けられるリナ達だが、今度はそのフィブリゾがガウリィを拉致する。
「彼を連れて先に行ってるよ。― 僕の街、サイラーグへ」と言い残して…

ゼロスが登場した 「白銀の魔獣」 以来、本格的ファンタジーの色合いを強めてきたスレイヤーズもいよいよ
第一部の完結となりました。冥王フィブリゾの企みも明らかになり様々な謎が収束しました。

一番のポイントはやはりリナの正体でした。伏線の通りでそのこと自体は驚くほどではありませんでしたが…
その正体を露見する際の描写は叙述トリック風でなかなか読み応えがありました。またその立場も予想外
でしたが「なるほど」と納得させられるものでした。

う~ん、面白かった!私はいわゆるライトノベルはあまり読まないのですが、これはストーリー小説としての質も高いですねぇ。正直、見直しました。


ブルージェンダー


ギャオで「ブルージェンダー」]を鑑賞しました。
公開は2007年5月15日 正午まで…すでに終了しています m(_ _)m
「生」をテーマにしたSFアクション。異形生命体“BLUE”から人類を救うべく闘う青年・祐司の活躍を描く。新種の病原菌に侵された祐司は未来の医療技術の発展に賭け、冷凍睡眠を行った。そして時は過ぎ、西暦2031年、長き眠りから目覚めた祐司が見たものは、謎の生命体“BLUE”の繁殖により壊滅の危機に瀕した地球の姿だった。何も分からないまま、地球人類の存亡を賭けた戦いの真っ直中に放り込まれた祐司の新たな「生きる」為の戦いが今、始まる! 

◆スタッフ
企画:藤田純二、三浦亨/企画協力:高橋良輔/キャラクターデザイン・総作画監督:木崎文智
監督:阿部雅司
◆キャスト
海堂祐司…野島健児/マリーン・エンジェル…桑島法子/ロバート・ブラッドレイ…堀紀之

(c)1999 AIC/東芝EMI

ギャオの紹介文より

ガンダムの遠縁にあたるSFアクションです。ただし「アーマーシュライク」という人型歩行戦闘兵器は登場しますが
決して主役ではありません。

テーマは種としての人類の存在に踏み込んだ少々重いものです。
結末では一応明るい展望が開けているようにも思えますが…

重機のような雰囲気のアーマーシュライクの描写、宇宙ではちゃんと無重力である、食料、水が重要視されるなど
この手のアニメとしてはリアルな感じで好感が持てます。ただし、“BLUE”はグチョグチョした怪物ですし登場人物も
あっさり死ぬし、グロテスクな部分もリアルなので見る人を選びそうです。

物語は終始、祐司とマリーンを中心に展開します。マリーンは最初は非常に冷酷な兵士として描かれます。
それが徐々に変化していくのですが、個人的には最初のころの鉄の女のマリーンに惹かれます(笑)
また、おかっぱ頭の後ろから結んだ髪が飛び出す独特の髪形も気になるところです。

最相葉月_『青いバラ』

読書リスト(4)に「最相葉月_青いバラ」を追加しました。

青いバラは、「不可能の花」といわれつづけてきた幻の花だが、遺伝子組み換えによって、実現間近だという―。科学の進歩と人間の夢が結び合う、青いバラの創造。「青いバラ」の夢に憑かれた園芸家鈴木省三の熱情、バラの花市場の研究開発、科学者たちの論争…。バイオテクノロジー最新事情を網羅しつつ、人間の欲望と科学の未来が結びあうバラ作りの夢を追う渾身のノンフィクション。

ミスター・ローズと言われた園芸家鈴木省三の半生を軸にして、バラを中心に花卉園芸全般、そして「青いバラ」について非常に多岐にわたって記述しています。

ただし私は日頃花にあまり縁の無い生活をしていますし、遺伝についての知識も「メンデルの法則」をうろ覚えの程度、バイオテクノロジーのことなどチンプンカンプンなので…ほとんど上っ面を読み飛ばしたにとどまってしまいました。花に関心のある人には興味深く読めそうな内容でした。

こんな私でも、この本を読んでからは道端に咲く花に少し関心を持つようになりました。


いわゆる「青いバラ」は実存しているようです。きれいかどうかはリンク先の画像をご覧ください。

・2002年に河本バラ園が一般的な交配による品種改良で開発した、最も青に近いとされる「ブルーヘヴン」
http://k-kabegami.sakura.ne.jp/barazukan5/24.html
・2004年にサントリーフラワーズがバイオテクノロジーを使って開発した青いバラ
http://www.suntory.co.jp/company/research/blue-rose/
・オランダで染色される青いバラ
http://store.yahoo.co.jp/e-green/c0c4a4a4a511.html

ペーパークラフトロ







[[attached(1,center)]]

[[attached(2)]]
   ↑拡大できます。

ことろさん経由でたどり着いたpinchanさんの記事 「ペーパークラフトロ」を作ろう! でトロのペーパークラフトの
存在を知ったので作ってみました。


ただしこのページでは作り方の説明が不親切です。これでは初めての人には難しそうです。

エプソンやキャノンのホームページにペーパークラフトの作り方の解説がありますのでそちらを見ていただいた
ほうが良さそうです。私の記事でも簡単に工具の説明をしています。



作り方のコツさえつかめれば比較的簡単にリアルなトロを完成させることが出来ます。
頭は少々面倒でしたが少しずつ糊付けしていけば大丈夫です。

トロは色白なので粗が目立たないのが嬉しいところです(笑)

ちなみに、厚さ0.17mmのA4用紙2枚に印刷しました。完成したトロの身長は17.5センチです。


pinchanさん、ことろさん、トライしてみてはいかがでしょう? 


転載元: 私のGT4日記!

スターゲイト アトランティス


ギャオで「スターゲイト アトランティス」を鑑賞しました。
公開は2007年5月7日 正午まで…すでに終了しています m(_ _)m
2004年からアメリカで制作されているSFテレビドラマ「スターゲイト SG-1」からのスピンオフ作品で
あり、謎の大陸アトランティスは他の銀河系にあったという構想の元で隊員たちの活躍を描く。

[ストーリー]
スターゲイト SG-1でシーズン7の終盤で発見されたエンシェントの遺跡より、ゲイトを作った種族がペガサス銀河にいる事が判明。遺跡が南極にあるため、南極条約より、先進国より設立された国際委員会を元に調査団を結成。ペガサス銀河へ向かうため、超強力エネルギー発生装置である、エンシェントが発明したゼロ・ポイント・モジュール(ZPM)を使用し、8個のシェブロンをダイヤル。ペガサス銀河へ。しかし、アトランティスへ到着すると遺跡は海底にある事が判明。シールドのエネルギーも残りわずかでZPMを探すためペガサス銀河内の惑星へ。惑星アトスへと向かい、テイラ・エマガンと名乗る村人のリーダーと会う。しかし、何万年に一度現れては人間を殺害するレイスの攻撃を受けアトランティスへと避難する。しかし、エネルギーが底を尽き爆発。その時、突如遺跡が作動。アトランティスが海上に浮上。こうして、彼らの戦いが始まる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

人間を食料にするレイスとの対決を軸にスターゲイト(星間移動装置)を使って宇宙探索をする地球の調査チームの活躍を描くスペースオペラです。以前「スターゲイト SG-1」を見たときは途中でやめてしまったのですがこの作品は
面白く見ることが出来ました。

SFとしてのアイデアは小説などに見られるものに比較すると特筆するようなことは余りありませんが、
映像としてきれいにまとまっています。まぁ、スペースオペラなので色々とおかしなところはありますが、
その辺はお約束ということで(笑)

主役のシェパード少佐をはじめとしてなかなか個性的なキャラクターが揃っていて楽しめるストーリーになってます。
毎回、毎回ドキドキハラハラさせる構成は「さすが人気シリーズ」という感じです。

少々興味深いことが一点あります。地球の調査チームと他の星の文明との接触がストーリーに大きな位置を占めるのですが、その描き方が微妙な点です。基本的には「正義の味方」ではあるのですが、時には価値観を押し売りし、相手の文化を否定するような発言をし、挙句の果てには武力をもって脅迫まがいのことも辞さない態度をとったりします。
リアルですが普通の主人公がとるものではありません。まるで現実社会の“某”大国のようです。製作者は意図的に
皮肉を込めているのだとは思いますが…_私などは絶対的な悪として描かれているレイスにさえ同情を覚えます。

今回の公開はシーズン1までとなっています。で、その終わり方があまりにも「地獄のヒキ」です。
続編も是非早々に公開していただきたいものです。
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ