マクロス・フロンティア


ギャオ「マクロス・フロンティア」を鑑賞しています。
毎週金曜1話更新 現在 第10話 公開中
超長距離移民船団「マクロス・フロンティア」に、近隣の「マクロス・ギャラクシー」船団出身のアイドル・シンガーのシェリル・ノームがコンサートのために来艦する。
シェリルは銀河ネットワークのヒットチャートで常に上位にランクインする誇り高きトップ・アイドル。
そんなシェリルにあこがれる少女がいた。その少女の名はランカ・リー。
念願だったシェリルのコンサート会場に急ぐランカは、途中でパイロット養成コースの高校生、早乙女アルトと出会う。
学園生活でのありふれた偶然の出会い…
だがそんな中、突如「フロンティア」は強力な攻撃能力を持った未知の宇宙生物と遭遇する。
はたして、宇宙生物の数は?能力は?目的は?
そしてマクロス・フロンティアの運命は…!?

ギャオの紹介文より
MBS・TBS系で地上波全国ネットされているテレビアニメの並行ネット配信です。
マクロス25周年を記念した最新作で地上波では深夜に放送されています。

私はマクロスというアニメの存在は知っていましたが、最近までは全く見たことが無く、知っていることといったらバルキリーと呼ばれる可変戦闘機があるということぐらいでした。記事にはしませんでしたが最初のシリーズの劇場映画版「愛・おぼえていますか」を見てその独特の世界観(巨人が敵、歌が世界を救う)には少々驚きました。

前作までの作風を踏襲して歌の果たす役割の大きいミュージカルSFアニメ(?)となっています。
全体の半分はアルト、ランカ、シェリルなどのさまざまな思惑が交差する青春ラブストーリーといえます。
それでも(私的に)本筋のSF的要素(未知の宇宙生物の正体、謎の可変戦闘機とそのパイロット)もしっかりしていますし、戦闘シーンの迫力もなかなかなのでその点では満足です。

未知の宇宙生物バジュラとの対決が本筋の軸なのですが、移民の意図を持って未知の領域に進出しているのは人類側なので、もしバジュラがその領域の既存の勢力だとしたら正義はむしろバジュラ側にあると思われます。
この辺をどう処理するのかにも注目したいところです。

放送局側がより力を入れていると思われる「ガンダムOO」よりもこちらの方がずっと面白いと思います。
ガンダムOOの方はキャラクターがエキセントリックすぎてついていけない部分が多かったのですが、
その点ではずっと安心して見ることが出来ます。
スポンサーサイト



手塚治虫_『どろろ』

「手塚治虫_どろろ」全3巻を読了しました。→読書リスト

戦国武将「醍醐景光」は天下をとるため、生まれてくる自分の子供を48匹の魔神の生贄に捧げる。

14年後、死霊に付きまとわれる少年「百鬼丸」はチビッコどろぼうを自称する「どろろ」と出会う。

昨年 妻夫木聡、柴咲コウの主演で映画化されて有名になりました。
原作は1967年~1969年に少年サンデーで連載されていたものです。

百鬼丸が生まれながらにして奪われた体の部分を妖怪を倒して取り返していくのが物語の軸です。
そこに百鬼丸と父である醍醐景光との対決、どろろの父母が残した財宝にまつわる話などが絡んできます。

タイトルは「どろろ」ですが、どちらかというと主人公は百鬼丸でどろろは狂言回しの役割が与えられています。
どろろはトラブルメーカーなのですが憎めないキャラクターで寡黙な百鬼丸とは良いコンビです。

出てくる妖怪たちの姿形、生態などがなかなか個性的で魅力があります。
彼らは人間にとっては確かに脅威なのですが、必ずしも絶対的な悪として描かれているわけではありません。
己の欲望に固執する人間たちの方がよほど邪悪に思えます。やはり最凶の妖怪は人間なんですね~(^_^;)
妖怪たちは最終的には百鬼丸に殺されてしまうので少々可哀想な気もします。

冷え冷えクーラー導入

今年も暑い季節がやってきます。そうなると気になるのはPCの過熱です。
私は以前過熱が原因(と思われる)でハードディスクを壊した手痛い経験があります。
これまではハードディスクの温度が上昇したら休ませていたのですが、これはかなり面倒です。
そこで今回ELECOMの「冷え冷えクーラー SX-CL03MSV」を導入しました。
ヤ○ダ電機で2980円、使う当てのないポイントを2000円分使って現金支出は980円でした。




上のようにノートPCの後ろから底面に風を送り込んで温度上昇を緩和するタイプです。
非常に単純な仕組みですが目に見えて温度上昇が緩和されました。
ファンを回す音が少々しますがPC本体のファンと同じくらいのレベルで特に気になりません。

どのくらいの効果があるか簡単なテストをしてみました。

【テスト条件】
・室温はエアコンで26℃に設定。
・スタート時のHD温度は40℃に統一。
・HDに負荷を与えるためにウィルススキャンを実施する。
・10分ごとに温度を記録。
・HD温度が54℃(監視ソフトの警告温度)を超えたら計測を中止する。

【テスト結果】


クーラーなしの場合は30分で警告温度を超えてしまいました。
それに対しクーラーありでは52℃で温度上昇が停止しました。
なかなかの効果です。これなら夏を乗り切れそうです♪

ELECOMのPC冷却用品のページ→http://www2.elecom.co.jp/accessory/cooling-sheet/index.asp

阿刀田高_『ミステリーのおきて102条』

「阿刀田高_ミステリーのおきて102条」を読了しました。→読書リスト

ミステリーの禁じ手とは?知り合いの刑事が指摘した推理小説の盲点とは?推理小説家の最大の悩みや、
江戸川乱歩賞を選考する苦労とは?古今東西の書物に通じ、作家としても読み手としても第一級の著者が、
豊富な読書歴をもとに小気味良いタッチでミステリーの魅力を紹介する。
推理小説の読み手にも書き手にも薦めたい、傑作ミステリーガイド。

作者の阿刀田高氏のショートショートは非常に鮮烈で私の中では阿刀田氏か星新一氏か、という存在です。
この本では氏の小説同様の明快な語り口で思い入れのある作品を紹介したり、作家の立場からのミステリー
のノウハウを披露したりしています。

作品の紹介については対象がミステリーであるだけに作品の中核であるトリックに言及することが出来ないので苦労している様子が伺えます。私自身は本格系のミステリーには疎いのですが、既読の作品の紹介はとても楽しめました。未読の作品でも謎の導入部を上手に紹介しているので読んでみたいと思わせる力が強いです。
ただでさえ長い私の「読みたい本リスト」がまた伸びてしまいました(笑)

ミステリー作家のさまざまな苦悩も書かれています。一口にミステリーと言っても非常に多くの要素が組み合わさって出来ているということがよくわかります。私は読む一方なので書く人の気持ちはなかなかわかりませんが、
これからは少しは感じながら読んでいこうと思います。

映画の批評でちょっと気にかかったことがありました。「ミザリー」と「ジュラシック・パーク」に触れているのですが
作者は両方とも映画を観ただけなのです。私は両方とも原作を読み映画を観ましたが明らかに別物です。
小説に関するエッセイなのですから原作の方も読んでから話題にして欲しいと思います。

栗本薫_『グイン・サーガ121 サイロンの光と影』

「栗本薫_グイン・サーガ121 サイロンの光と影」を読了しました。→読書リスト

1979年から現在まで発行され続けている超長編小説の正伝。
大雑把に言うと
「剣と魔法の世界」に突如現れた豹頭人身の男「グイン」を中心に繰り広げられる戦国絵巻
といったところです。



書庫_「栗本薫」
WARNING! 以下ネタバレを含みます。注意!!
この巻の主役はなんといってもシルヴィアです。私はシルヴィアといいレムスといいフロリーといい人間的な弱さが前面に出るキャラクターって結構好きです。よってシルヴィアびいきの感想となりました(笑)

グインとなまじ縁があるせいで巻き込まれてしまい可哀想です。「ダンス教師風情にまどわされて」ってハゾスは言っていますが何しろ黒幕はグラチウスですからね~ 彼女自身弱い人間であるのは事実ですが本気を出したグラチウスに対抗できる人物なんてそうはいません。そして致命傷はグインが魔道の世界でシルヴィアを斬ってしまったことでした。そのことをグインが覚えていないというのが話をさらに難しくしています。アモンは宇宙の彼方でどうしているのかわかりませんがグインに見事に一矢報いましたね~。

ハゾスはシルヴィアの側付きに対して憤慨していますが、こういうことは最終的には宰相であるハゾスの責任でしょう。シルヴィアの言動には憂慮していたのですからこんな重大事になっているのを今更知るというのはちょっと抜けていると思います。

問題のシルヴィアの子供ですが、パロのように「青い血」の問題はないのですからちゃんと教育して育てるのが良いと思います。血統はともかく、幼い頃からグイン本人がしっかり教育すれば立派な皇帝になるのではないでしょうか?(笑) しょせん宇宙人(?)のグインがケイロニアに骨を埋めることは難しいでしょうし…


ところでこの「グイン・サーガ」シリーズは基本的には平易な文章で書かれているのですが時々馴染みのない漢字や言い回しが出てきます。前後の文脈で意味はわかるのですが調べてみたので下にメモしておきます。

P241 歔唏(きょき)=すすりなく。むせびなく。
P271 金棒引き(かなぼうひき)=ちょっとしたことを大げさにふれまわること。また、その人。
P278 矍鑠(かくしゃく)=年を取っても丈夫で元気なさま。
P299 枉げる(まげる)≒曲げる

SFマガジン 2006-12

秋のファンタジー特集

ジョージ・R・R・マーティン《氷と炎の歌》、待望の第三部『剣嵐の大地』刊行に合わせて贈る。エレン・クレイギスのネビュラ賞受賞作ほか、俊英作家3人による短篇を訳載。現在好評刊行中の人気大河ファンタジイ・シリーズのガイド特集で構成する。
[特集内容]
○「地下室の魔法」 エレン・クレイギス
○「イーリン・オク伝」 ジェフリイ・フォード
○「使い魔」 チャイナ・ミエヴィル
○人気大河ファンタジー入門

【読切】
「マルドゥック・ヴェロシティ Prologue100 & 99」 冲方丁

冲方丁インタビュウ システムという暴力、痛覚というリアリティ

【連載】
「小角の城 第八回」 夢枕獏
「罪火大戦ジャン・ゴーレ 第二十三回」 田中啓文
「イリュミナシオン 君よ、非情の河を下れ 第8話」 山田正紀

【浅倉久志セレクション】
「一ドルで得られるもの」 ブライアン・W・オールディス

表紙イラスト:橋賢亀
ハヤカワ・オンライン→http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/720612.html

SFマガジン 2006-12をパラ読みしました。
連載小説《小角の城》夢枕獏 第8話の掲載号です。

【読みきり小説】
・ファンタジー特集の中では「イーリン・オク伝」が面白かったです。海岸に作られた砂の城に住む妖精の自伝という体裁です。私の妖精観とは異なるキャラクターで「竜の卵」を彷彿とさせるSFチックなタッチです。
・「マルドゥック・ヴェロシティ」のプロローグは前作の「マルドゥック・スクランブル」を読んでいることを前提にして書いてあるようで未読の私には世界観がよくわかりませんでした。「マルドゥック・スクランブル」は日本SF大賞受賞作品でなかなか評判が良いようなのでまずはこちらを読んでみようと思います。

【連載小説】
「小角の城」第8話
真田幸村は徳川家康に対抗するために猿飛佐助に小角の武器を探すように命じます。

【そのほかの記事】
紹介された本で気になったものを以下にメモしておきます。
・野阿梓/兇天使
・神林長平/プリズム
・瀬名秀明/おとぎの国の科学
・ロバート・J・ソウヤー/<ネアンデルタール・パララックス>三部作


2008/8/22追記

2007-2を再度借りて「小角の城」第9話を読みました。
玄嵬という僧侶が幸村に小角の武器の存在と「双子の壺」のありかを告げる様子が語られます。

読書リスト(6)

読書リスト(6) No.1021~1066
書名から当ブログ内にリンクしています。

No.日付書名ジャンル作者
10662009/3/7THE OL COMES OF AGEコミック秋月りす
10652009/3/5闇の守り人ファンタジー上橋菜穂子
10642009/2/20頭文字D 37コミックしげの秀一
10632009/2/19グイン・サーガ125 ヤーンの選択ファンタジー栗本薫
10622009/2/10しゃばけファンタジー畠中恵
10612009/2/4東京100発ガールエッセイ小林聡美
10602009/2/3覆面作家の愛の歌ミステリー北村薫
10592009/1/28忍法忠臣蔵時代山田風太郎
10582009/1/19華胥の幽夢ファンタジー小野不由美
10572009/1/11眼球綺譚ホラー綾辻行人
10562009/1/8カムナビSF梅原克文
10552009/1/1お天気おじさんへの道エッセイ泉麻人
10542008/12/22グイン・サーガ124 ミロクの巡礼ファンタジー栗本薫
10532008/12/16ハリー・ポッターと死の秘宝ファンタジーJ・K・ローリング
10522008/12/13オトナのアソビエッセイ?大田垣晴子
10512008/12/7東京するめクラブ 地球のはぐれ方エッセイ村上春樹 他
10502008/12/3アイの物語SF山本弘
10492008/11/18Happy!コミック浦沢直樹
10482008/11/12ダーク・タワーⅥ スザンナの歌ファンタジーS・キング
10472008/10/25最後のゾウガメを探しにエッセイ千石正一
10462008/10/24あるべき場所 原田宗典
10452008/10/17グイン・サーガ123 風雲の序章ファンタジー栗本薫
10442008/10/15東京トホホ本舗エッセイ原田宗典
10432008/10/6黄昏の岸 暁の天ファンタジー小野不由美
10422008/9/30わしらは怪しい探険隊エッセイ椎名誠
10412008/9/24黒衣の騎士ファンタジー水野良
10402008/9/13さわやかパイプのけむりエッセイ團伊玖磨
10392008/9/9ザ・キープホラーF・P・ウィルスン
10382008/9/2精霊の守り人ファンタジー上橋菜穂子
10372008/8/21言いまつがい 糸井重里 監修
10362008/8/19覆面作家は二人いるミステリー北村薫
10352008/8/14グイン・サーガ122 豹頭王の苦悩ファンタジー栗本薫
10342008/8/5ジオラマミステリー桐野夏生
10332008/8/4愚か者死すべしミステリー原
10322008/8/3凛々乙女エッセイ小林聡美
10312008/7/27室町少年倶楽部時代山田風太郎
10302008/7/22ウルトラマンの東京エッセイ実相寺昭雄
10292008/7/8幻魔大戦コミック平井和正/石ノ森章太郎
10282008/7/6寺田寅彦随筆集 第一巻エッセイ寺田寅彦
10272008/7/2模倣犯ミステリー宮部みゆき
10262008/7/1百億の昼と千億の夜コミック光瀬龍/萩尾望都
10252008/6/16どろろコミック手塚治虫
10242008/6/14ミステリーのおきて102条エッセイ阿刀田高
10232008/6/13グイン・サーガ121 サイロンの光と影ファンタジー栗本薫
10222008/6/7正しい保健体育エッセイみうらじゅん
10212008/6/6MM9SF山本弘

みうらじゅん_『正しい保健体育』

「みうらじゅん_正しい保健体育」を読了しました。→読書リスト

「どうしてセックスしてはいけないの?」「女子が体育館で見てる映画は何?」「包茎は手術したほうがいいの?」―青少年期に誰もが抱える悩みの数々。若者に伝えるべき本当の「セックス」とは何か?性教育の旗手みうらじゅんが放つ、童貞時代を生き抜くスタンダードついに完成。中学生以上。

「BOOK」データベースより

不真面目なことを真面目にやる不思議な人みうらじゅん氏が青少年向けに書いた性の啓蒙書です。
出版元もちょっと堅そうなイメージの理論社ですし装丁もいかにも爽やかです。

しかし、内容は全面的に下ネタです。一応、男子中高生に語りかけるような構成になっていますが、基本的には大人(の男)を笑わせるための悪ふざけが主成分です。嘘が多い上に全く女性向けではないので「ひっどい事言ってるな~」と笑い飛ばすような読み方をしないと気分を害するのは確実です。私は楽しめましたが(笑)

そんななかにも、その哲学には真実も含まれています。
『エロなことを考えたりすることこそ、人間にとっての「本業」です。』
というのが冒頭に出てきますが、人間以外に本業以外に色々いそしむ生物は他にいませんからね~(笑)

保健体育の教科書にあるようなイラストも載っているので電車の中では細く開いて読みました(笑)

山本弘_『MM9』

「山本弘_MM9」を読了しました。→読書リスト

現実の世界に極類似するその世界では怪獣が実在する。怪獣大国である日本では気象庁特異生物対策部(気特対)が怪獣により発生する災害への対応に日夜奔走しているのであった。

ワンナイトストーリーの藤中さんが紹介されていて非常に面白そうだったので読んでみました。
私はウルトラマンで育った世代なのでこの手のものには目がないのです。期待を上回る面白さでした。
<藤中さんの記事はこちら>

簡単に言うとウルトラマンなどの特撮テレビシリーズを小説にしてしまったという内容です。ただし、気特対のメンバーは公務員ですし、怪獣に実力行使するのは自衛隊の通常兵器ですし、怪獣の存在以外は現実に則した形になっています。また過去に現実に起こった自然災害、事件、事故などが怪獣によるものに置き換えられたりしています。

5編の連作短編で、それぞれが一つのエピソード(=30分番組)という形式になっています。
特撮テレビシリーズのフォーマットに沿って進むのでニヤリとするポイントや、突っ込みポイントが満載です。
特撮テレビシリーズの雰囲気が良く再現されています。

この物語の最大の謎は物理的、生物学的、etc.に存在するはずがない怪獣がなぜ存在するかということです。
それはこの本全体のテーマとして徐々に明らかになっていき、最終的に非常に明確で論理的(でトンデモ)な解答を出しています。私は「これは隠された真実かもしれない」という疑いさえ持っています(笑)

特撮テレビシリーズの小説版としてだけでなくSF小説としても大変楽しめる内容でした。文体が軽く非常に読みやすいのも良かったです。作者の山本弘氏は「と学会」の会長としては知っていましたが小説も面白いですね~
他の作品も読んでみようと思います。

内容については作者の山本弘氏自身による『MM9』の宣伝ページが詳しいです。
http://homepage3.nifty.com/hirorin/MM9.htm
少々ネタバレ気味なので読んでから見ることをオススメします。

横山秀夫_『陰の季節』

「横山秀夫_陰の季節」を読了しました。→読書リスト

D県警警務部の柘植警部の職務は「議会対策」。県会議員と県警本部の関係を円滑にするために根回しをしたりするのが仕事である。県議会が近づいたある日、1人の議員が県警に対する爆弾質問を用意しているらしいという情報が入る。柘植は事態の収拾に奔走するが… 「鞄」

以前読んだ「半落ち」の横山秀夫氏の警察の内部事情を描く4編からなる連作短編集です。半落ちでは色々な組織のことが描かれましたがこの作品では警察内部、しかも警務部(企業で言えば総務にあたる?)の視点で描かれています。警察を舞台にしたミステリーなのですが、謎の対象が人事であったり署員の不祥事であったり、
地味といえば地味です。


・「陰の季節」…天下り先での異動を拒む大物OBの事情とは…
落ちにちょっと無理があり正直いまひとつです。

・「地の声」…女絡みの密告を受けた署員はパッとしない男だった。
結末は意外だけどそこに至る過程がまわりくどく感じました。

・「黒い線」…犯人逮捕に結びついた似顔絵を描いた婦警が失踪した。
これは面白い。失踪した婦警の事情にも納得がいきます。

・「鞄」
事件の真相は非常に意外ではあるけど不自然さはありません。
おっと、そう来たか!という感じで大変面白かったです。


前2編は雑誌に載ったもので、後2編は単行本書下ろしです。
私の好みは断然書き下ろし作品ということになりました。
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ