R・マシスン_『運命のボタン』

「リチャード・マシスン_運命のボタン」(A-)を読了しました。→読書リスト

藤中さんが見た映画「運命のボタン」の設定が気になったので原作小説を読んでみました。「ショートショート~長めの短編」の「奇妙な話~ホラー」の13編が収録されています。

各編とも映画を見ているように場面が思い浮かびます。バラエティに富んだ秀作ぞろいですが、オチの切れ味はあまり鋭くはない感じもします。短い作品より描写力が生きる長めの作品の方が面白く感じました。

・「運命のボタン」
ある夫婦の元に押しボタンのついた箱が届く。「押すと5万ドルが手に入るが、あなたがたの知らない人間が1人死ぬ」という。

映画では100万ドルの賞金が小説だと5万ドルなのでこの点ではずいぶんスケールダウンです。私なら100万ドルだったら即押すけど5万ドルじゃ悩むかも(笑) 小説のオチはちょっと反則気味なのでショートショートの結末としてはありだけど、これをそのまま映画にしたらクレームになるかも(笑)

・「戸口に立つ少女」
・「小犬」
この2編は古典的ともいえる恐怖譚です。解説によると「暗い内容なので、あまり表に出したくなかった」とのことです。その通り、じわじわと恐怖が迫ってくるのが見事です。

・「四角い墓場」
おんぼろロボットボクサーが試合直前にアクシデントに見舞われる。オーナーの男がとった対応は…

ちょっとコミカルな内容で本書の中では一番好きです。最近「あしたのジョー」のアニメを見ているのでボクシングという素材が琴線に触れたのかもしれません(笑)

・「二万フィートの悪夢」
飛行機恐怖症の男が旅客機の窓の外に見たものは…

どこかで見たことのある話だと思ったら映画「トワイライトゾーン/超次元の体験」の第4話の原作でした。マシスンの作品はみな映像的で、実際映像化されたものも非常に多いのです。この作品が初映像化されたTwilight Zoneの一編をこちらで見ることができます。

収録作品
・運命のボタン
・針
・魔女戦線
・わらが匂う
・チャンネル・ゼロ
・戸口に立つ少女
・ショック・ウェーヴ
・帰還
・死の部屋のなかで
・小犬
・四角い墓場
・声なき叫び
・二万フィートの悪夢

表紙絵はこちら(Amazon.co.jp)
スポンサーサイト



瀬名秀明_『小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団』

「瀬名秀明_小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団」(B+)を読了しました。→読書リスト
のび太は偶然北極で巨大なロボットの足を拾い、自宅に持ち帰った。それ以来、家の庭に次々と降ってくるロボットの部品を、ドラえもんと協力して鏡面世界で組み立ててザンダクロスと名づけ、しずかを呼んで遊んでいた。

ウィキペディアより引用
先日読んだ「藤子・F・不二雄_のび太と鉄人兵団」の小説版です。

科学的知識に基づいたSFホラー「パラサイト・イヴ」の作者がドラえもんの世界をどう料理するのかが非常に興味深いところでした。しかし結論から言ってしまうと原作漫画にほぼ忠実な小説化で大きな飛躍はなく、その期待は裏切られた格好になりました。まぁ、原作ファンは大きな改変は認めないでしょうから仕方ないところでしょうね。

漫画だとサクッと済む情景描写が文章でダラダラ書いてあるのは読んでいてまどろっこしいですし、ギャグも文章で説明されても白けてしまうし、小説化したことの弊害も目立ちます。科学的な解説が随所で試みられていますがドラえもんの世界を科学的に解説するのには無理も多く「その説明は長くなるから~」と確信犯的にごまかしてしまったりもしています。そんな中で「鏡の世界ではなぜ左右だけ反対になるのか」の解説はなんとなく納得出来ました。また、巨大ロボットの「頭脳」に関する描写には力が入っていて作者の本領発揮と言ったところです。2011年のリメイク映画では「頭脳」の描写を可愛い方に振っていますが、それとは逆に不気味な方に振っているのがホラー好きとしては評価できます(笑)

終盤にかけては登場人物たちの心理が細やかに描かれたり、巨大ロボット「ザンダクロス」に焦点が当たったり、原作にはないゲストキャラが微妙に絡んで来たり、小説版ならではの盛り上がりを見せます。特に現実世界で観測された異変に言及するあたりは上手く処理されていると思います。ただし、反則気味で安易なラストの問題解決手段はそのままです。ドラえもんの台詞でこの手段に対する疑問が提示されてはいますが、ここは物語の基本骨格なので変えられなかったんでしょうね。

「ドラえもん」にあまり思い入れの無い私にとっては少々物足りない気もしました。しかし原作ファンの評価は概ね高いようですのでドラえもんが大好きな方は一読の価値はあるではないでしょうか。

表紙絵はこちら(Amazon.co.jp)

恒川光太郎_『夜市』

「恒川光太郎_夜市」(A-)を読了しました。→読書リスト
大学生のいずみは友人の祐二に「夜市」に誘われる。
「夜市」では普通は手に入らないものが手に入るというが… 【夜市】

12歳の私は親友のカズキと一緒に小さい頃迷い込んだ不思議な道を探すことにした。
2人は首尾よくその道を見つけ出すが… 【風の古道】
藤中さんやめにいさんが絶賛するファンタジックなホラーということで、ずっと読みたいと思っていました。
なんやかんやで実に3年越しになってしまいましたが(^_^;) 表題作の「夜市」と「風の古道」の中編2編です。

2編とも日常世界に近いところにある異界を題材にしています。情景がすんなりと思い浮かぶ描写で実際にこれらの異界が存在してもおかしくない雰囲気です。「夜市」の方は夜なのでやはりちょっと特殊ですが、「古道」の方はそのへんを歩いていたら迷い込みそうな気さえします。

一つ目ゴリラやのっぺらぼうが出てきたりして、ホラーというよりはファンタジー調であまり怖くありません。
どっちも迷い込んでみたいと思わせる世界です。戻ってこられなくなってもいいかなと思ったりして(笑)

そんな独特な世界の中で物語は比較的淡々と進みます。しかし、「夜市」のある人物の正体には驚きましたし、「風の古道」のコモリとレンの関係にも唸りましたし、ひねりも効いています。こういう感じのひねりは好きですね~

薄い文庫本で分量は決して多くはないのですがとても読みやすく、あっという間に読み終わってしまいました。
2編とも似たような世界観なので、ちょっとワンパターンな気もしますが、それは他の作品を読んでから判断したいと思います。

表紙絵はこちら(Amazon.co.jp)

寿司打

以前記事にした「キーボー度」と同じNeutralにある「寿司打」をやっています。
「キーボー度」はとにかく間違えないように打てば良いのですがこの「寿司打」は単語ごとに制限時間があったり、BGMが流れたり、ゲーム性がより高くなっています。




ここまでの最高記録は -お勧め5,000円コース【普通】- で6,540円です。

私は仕事でタイピングは特に必要ではなく、せいぜいブログの記事を書く位なのですが、一生懸命練習をしているのには訳があります。
それはやはり同じNeutralにある「夜の森タイピング」です。RPG仕立てのタイピングゲームでなかなか楽しいのです。しかし、難しい(>_<) 私の現状の腕ではEASYでもクリアできません。そこでこの「寿司打」で練習をしているのです。「夜の森タイピング」についてはクリアしたら(or諦めたら)記事にします。

藤子・F・不二雄_『のび太と鉄人兵団』

「藤子・F・不二雄_のび太と鉄人兵団」(A-)を読了しました。→読書リスト
のび太は偶然北極で巨大なロボットの足を拾い、自宅に持ち帰った。それ以来、家の庭に次々と降ってくるロボットの部品を、ドラえもんと協力して鏡面世界で組み立ててザンダクロスと名づけ、しずかを呼んで遊んでいた。

ウィキペディアより引用
TBSラジオの「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」のポッドキャストで今年3月に公開されたリメイク作品「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~」の映画評を聞きました。その中で『小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団』があの「パラサイト・イヴ」の瀬名秀明氏の執筆で出版されていることを知りました。「これは読まねば!」ということなのですが、小説版を読む前に元の漫画版を読むことにしました。

ポッドキャストはこちら⇒http://www.tbsradio.jp/utamaru/2011/04/post_840.html

この漫画版はコロコロコミックに1986年に連載されたものでその年に公開された「ドラえもん のび太と鉄人兵団」の元となったものです。小説の方はリメイク映画ではなくこちらの漫画版を元にしているということです。

整理すると
(1)1986年の漫画
(2)1986年の映画=(1)の映画化
(3)2011年の小説=(1)の小説化
(4)2011年の映画=(2)のリメイク
と、4種類あります。

前置きが長くなりましたが(^_^;)、漫画の感想です。
ラジオパーソナリティーの宇多丸氏によると「ドラえもんの中でも一番ハード寄りに振った作品」とのことですが、私のようにSFが好きでドラえもんにはそんなに思い入れがないものからすると「所詮は子供向き」というのが第一印象です。お話的には突っ込みどころが多々ありますし(そこを楽しむのが吉)、ラストの問題解決の手段も反則気味で安易です。もっとも、作者もいい大人が読むとは想定していないでしょうからこれは仕方ないですね(笑) しかし、のび太たちが巨大ロボットを組み立てたり、美少女ロボットが登場したり、宇宙からの侵略者と戦ったり、などなどワクワクする要素は満載です。この物語の真の主役がしずかちゃんだということも高ポイントです。細かいところには目をつぶるとして少々残念なのはのび太たちが組み立てた巨大ロボットの活躍が意外と少ないことです。男の子ならこのロボットが大活躍するのを期待するのが必然ですからね~ 登場するひみつ道具では無人の鏡面世界に入り込める「入り込み鏡」がとっても欲しいです(笑)

この漫画をあの瀬名秀明氏がどのように小説化しているのか興味深いところです。「近年はロボット関係の著述活動に力を入れている。」とのことですのでその辺の視点も取り入れられているのでしょうか? 図書館の予約順がもう少しなので楽しみです♪

表紙絵はこちら(Amazon.co.jp)

SFマガジン 2008-12

コニー・ウィリス本年度ヒューゴー賞受賞ノヴェラ&秋のファンタジイ小特集
短篇集『マーブル・アーチの風』が刊行されたSF界の女王、コニー・ウィリスの本年度ヒューゴー賞受賞ノヴェラを一挙掲載する。また、秋のファンタジイ小特集として、本邦初紹介の新鋭作家2人による本年度世界幻想文学大賞候補作を訳載する。

本年度ヒューゴー賞受賞ノヴェラ一挙掲載
○「もろびと大地に坐して」 コニー・ウィリス

秋のファンタジイ小特集
[特集内容]
○「両替官とアイアン卿――経済学のおとぎ噺」 ダニエル・エイブラハム
○「〈変化(チェンジ)〉後の北公園犬集団におけるトリックスター伝承の発展」 キジ・ジョンスン

【読切】
○「カメリ、子守りをする」 北野勇作
○「トーラスの中の異物」 菅浩江

『ゼロ年代の想像力』刊行記念対談
「批評」で世の中を変える 宇野常寛×中森明夫

【連載】
○「地球移動作戦 第6回」 山本弘
「《椎名誠のニュートラル・コーナー》頭よくなる光線」 椎名誠
○「戦闘妖精・雪風 第3部 アンブロークン・アロー 第三回」 神林長平
○「イリュミナシオン 君よ、非情の河を下れ 第16回」 山田正紀
SF Magazine Gallery 最終回 「廻る世界」 NA2

表紙イラスト:牛尾篤


SFマガジン 2008-12を読みました。
連載小説
「地球移動作戦」山本弘 第6回
の掲載号です。

【特集 ヒューゴー賞受賞ノヴェラ&秋のファンタジイ小特集】
3編の海外作品はそれなりに楽しめました。
「もろびと大地に坐して」の気難しいエイリアンはとてもキュート(イラストが良いのかな?)です。
「両替官とアイアン卿」はファンタジーというよりはミステリに近い感じです。

【読みきり小説】
「トーラスの中の異物」は年老いた女性の美にかける気持ちを描いています。
そんなに年をとってまで、とも思いましたが話の中心となる人物の正体を知って少し納得しました。

【連載小説】
「地球移動作戦 第6回」
『風祭良輔、沙亜羅、魅波の親子はウーメラ宇宙センターに到着する。良輔は所長のウィルソンに地球を救う方法を話す。魅波はオーバーホール中のファルケ内部に侵入しブレイドのACOMマイカに出会う。』
沙亜羅、魅波あたりが24年後の主役になる展開でしょうか? ピアノドライブの原理や地球を救う方法が説明されていますがよくわかりません(^_^;)

【気になった記事】
「《椎名誠のニュートラル・コーナー》頭よくなる光線」
話の内容より登場する生物の生態が気になりました。
アフリカタマゴヘビ…鳥類の卵のみを食べるそうです。なんとなく飼うのが楽そう。
ワダンノキ…キクの仲間なのに樹木で高さは3メートル以上になるとのこと。

「《サはサイエンスのサ》経済ってホントよくわからない/鹿野司」
「人間の根源的な非論理のおかげで現代文明のようなトンデモないものを創り上げることができた。」はなるほどと思いました。ヒトの生活形態って他の生物と比較すると突出して異常ですから…

上橋菜穂子_『流れ行く者』

「上橋菜穂子_流れ行く者」(A-)を読了しました。→読書リスト

「守り人」シリーズの主人公バルサの少女時代を描く短編集です。バルサは本編登場時には一流の用心棒となっていて、優しさを隠し持ってはいるのですが非情とも言える冷静さを前面に出していました。この外伝で描かれる少女時代には外面的な甘さもあってその辺が可愛いところです(笑)

割合穏やかな展開で(アクションシーンもありますが)、外伝らしい外伝だと思います。
守り人シリーズには他にも個性的なキャラクターが多いのでその外伝も読みたいものですね~

・「浮き籾」
少年時代のタンダの住む村が舞台。山犬が出没し村人が何人も襲われた。
行き倒れとなった風来坊のオンザの祟りだと噂されるが…

少年時代のタンダの様子やバルサとの関わりが描かれます。まだ子供の11歳のタンダと少女時代に差し掛かった13歳のバルサの関係が微笑ましいです。バルサがジグロのことを「父ちゃん」と呼ぶのがちょっと新鮮でした。

・「ラフラ」
バルサたちが住み込みで働く酒場に雇われている賭事師(ラフラ)のアズノは氏族長の重臣とのススット勝負にバルサを同行する。

架空のゲーム「ススット」は昔流行ったウォーゲームみたいなイメージなんでしょうか?
誰か商品化してほしい(笑)

・「流れ行く者」
バルサたちはトロガイの家に向かうため護衛士として隊商と同行する。
年老いた護衛士仲間のスマルは商人頭のトキアンに「これが最後」と引導を渡される。

バルサの護衛士デビューのエピソードですね。バルサは13歳にして18,9の男の護衛士をやっつけてしまい後々の強さの片鱗を見せています。

・「寒のふるまい」
バルサたちの帰りを心待ちにするタンダ。そこに現れる2つの人影。

短いエピローグです。この後にジグロが…ってことでしょうか?

表紙絵はこちら(Amazon.co.jp)

2011年5月の鑑賞メーター

最近GyaOの映画は良いのがなくてあまり見る気になりません。
この他 GyaOで「あしたのジョー」「ケロロ軍曹」「青の祓魔師」 某動画投稿サイトで「超人バロムワン」
「ワイルドアームズ トワイライトヴェノム」を見ていますがまだ最後まで見ていないので載せていません。

観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:728分
びぎRの鑑賞メーター⇒http://video.akahoshitakuya.com/u/30130

http://ecx.images-amazon.com/images/I/512HWD8Y7WL._SL75_.jpgバイオハザード [DVD]
ゲームシリーズの設定を使ったホラーアクション。ストーリーはゲームとは直接関係なくアクション色もかなり強いがアンブレラの特殊部隊視点のアナザーストーリーともとれる。ラストはゲームの2につながる感じでニヤリとした。ゾンビはぞろぞろ出てくるがあまり怖くない。ゾンビ犬はおぞましくてグッド(笑)
鑑賞日:05月25日 監督:ポール・アンダーソン

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51QRMTXRZQL._SL75_.jpg妖怪人間ベム 第1巻 [DVD]
Gyaoで全26話視聴。子供の頃やっていたオリジナルは怖くて見られなかった。このリメイクは人間態の時には指が5本あるし、ビジュアル的にもストーリー的にもかなりソフトなイメージ。紅一点のベラが格好いいけど変身するとあまりに怪物っぽくてギャップを感じる。敵妖怪が弱い、というかベム強すぎ。
鑑賞日:05月26日 監督:原田浩

http://ecx.images-amazon.com/images/I/215A6PXMXZL._SL75_.jpg空手バカ一代 DVD-BOX 1
Gyaoで全47話視聴。若き日の大山倍達を描いた伝記的アニメ。原作漫画がつのだじろう画なので怪奇現象が起きそうな気がする(笑) 試し割りの実写映像が印象的。主人公が強すぎるので緊張感を欠くきらいあり。空手家の山崎照朝の歌うエンディングが良い。
鑑賞日:05月30日 監督:

鑑賞メーター
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ