夜の森タイピング




「寿司打」の記事で触れたアドベンチャー風タイピングゲームの「夜の森タイピング」です。
ずーっとやっていたんですが、やっとEASYをクリア出来ました ヽ(^。^)ノ
「夜の森タイピング」とは
真夏の暗い森を舞台にしたAVG風タイピングゲームです。
基本的に脱力系ですが、ちょっとだけホラーっぽいシーンも
あるので怖いものが極端に駄目な方や虫嫌いの方はご注意下さい。

サイトでの紹介文を引用
夜の森タイピング →http://neutralx0.net/yorumori/

リンク先で実際に遊べばわかりますが、紹介文にもあるように脱力系で、特にステージのボスのキャラクターは可愛いくて和みます。内容的には 『各ステージのクリアを目標に楽しく遊ぶうちにタイピングのスキルが向上していく』 という目的に沿ったものだと思います。もっとも私は仕事でタイピングは特に必要ではなく、せいぜいブログの記事を書く位です。なので 『ゲームのクリアが最終目的で、結果的に(特に必要のない)スキルが向上していく』 という感じですね(笑)

難易度はEASY NORMAL HARDから選べます。全部で6ステージありステージごとに少しずつ難しくなっていきます。私がクリアしたのはEASYなのですが、ステージ3まではすんなりいったものの、それ以降は大苦戦でクリアするまでに実に1年2か月もかかってしまいました(^_^;) 苦労しただけにちょっとした達成感があります (笑)
クリア特典の携帯待ち受けは早速使っています。

ステージクリア月
1~32010年7月
 42010年9月
 52011年6月
 62011年9月

今はNORMALをやっていますが、ステージ2をクリアできません(T_T)
スポンサーサイト



答 七分の三十寸 びぎR

先日読んだ「天地明察」の中に出てくる算術の問題
『高さが9、底辺が12の、直角三角形がある。その内部に、図のように直径が等しい円を二つ入れる。
円の直径はいくつか?』
に挑戦してみました。






答は(物語中で)関孝和が出したものと一緒なので合っているはずです。
が、解き方は強引で美しくありませんね~(笑)
問題の内容自体はたぶん中学レベルの数学で解けるもので、思ったよりは簡単でした。
この問題は「読者が解いて満足する」ように作者が用意した一種のサービスかもしれませんね。

問題を解くのよりも、手描きの作図や、分数を交えた数式のワープロ打ちに手間がかかりました(^_^;)

冲方丁_『天地明察』

「冲方丁_天地明察」(A)を読了しました。→読書リスト
江戸城に仕える碁打ち衆の一人「渋川春海」は登城前の早朝、籠を雇い宮益坂の神社を目指す。目当ては江戸の算術家たちが腕を競う「算額奉納」だ。腕に自信がある晴海が難問と思った問題に一瞥で答えを書いて去った男は関と名を記していた。
本屋大賞受賞作ということで、さすがに人気で図書館予約してから1年以上待たされました。しかし、私には馴染みが少ない時代小説である、作者のSF代表作「マルドゥック・スクランブル」は途中で投げ出した経験がある、と不安要素もあり、恐る恐る読み始めました。

そんな心配をよそに読み始めるとすぐ引き込まれました。持ち慣れぬ刀の重さに辟易しながら主人公の晴海が急ぐ目的が「算額奉納」つまり神社に奉げられた数学の問題というのです。そんな風習があったとは知りませんでしたし、江戸時代と数学という取り合わせも新鮮です。晴海と有名な数学者「関孝和」の出会いのきっかけになる問題 『今、釣(高さ)が九寸、股(底辺)が十二寸の、勾股弦(直角三角形)がある。その内部に、図のごとく直径が等しい円を二つ入れる。円の直径を問う』 は時間があるときに挑戦してみたいです。解く自信はあまりありませんが…(笑)

話の核になるのは主人公の渋川春海の人柄です。稀有な才能を持ち純真に誠実に改暦という一大事業にまい進する姿は非常に魅力的です。また、優柔不断で情けないところや失意に落ち込むところなど、人間味もあり好感を持てます。

春海に深く関わりを持つのは後に妻になる「えん」と数学者の関孝和です。えんの方はベタなラブコメ的出合いなのですんなりまとまるかと思いきや…、でしたし、関の方はこれまた直接会うまでにずいぶん時間がかかりました。まぁ、この二人は晴海にとってはセットのようなものですが(笑) 晴海の才能と人柄は、関のほかにも「水戸光圀」「保科正之」など歴史上の人物を始めとする多くの人々の協力や援助を集めることになります。改暦という事業には技術上、政治上の障害も多く、紆余曲折の展開はなかなかハラハラします。

従来の宣命歴を新しい大和暦にする改暦が物語の主題なのですが、暦自体の重要性が良くわからないのが難点です。潮の満ち引きや船の位置を知ったりするのに漁業にとっては重要だろうし、季節による天候の変化を知るという点では農業にも必要だという想像はつきますが…。物語中では蝕の有無が争点になりますが、今でも日蝕、月蝕は話題にはなるものの実生活に影響があるとは思えません。多分に吉凶を占うというような宗教的な意味合いが強い感じで現代に暮らす私たちにとってはその重要性が理解しにくいものとなっています。物語中では晴海は専ら科学者のように描かれますが実際には神道家でもあったのでその視点からの描写もあれば良かったのかもしれません。

一部難しい語句が出てきます→(蹌踉、蝟集、朔日、過褒、讒言 など)今はネットで意味や読み方を調べられるので便利ですね~(笑) 数学や天文学の話も少し出て来ますが特に知識が無くても楽しく読める物語でした。

表紙絵はこちら(Amazon.co.jp)

2011年8月の鑑賞メーター

観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:369分
びぎRの鑑賞メーター⇒http://video.akahoshitakuya.com/u/30130

http://ecx.images-amazon.com/images/I/5183SZYZAFL._SL75_.jpg男たちの大和 / YAMATO [DVD]
セットやキャストに予算をかけた割にはごく普通の戦争映画。今風のドラマ展開で、主張は特にないのかな? 戦闘シーンの迫力は戦争の凄惨さを伝えている。当時最強の精鋭兵器でさえあの有様なら他の場合は推して知るべし。あれでもたぶん現実には及ばないはずだし… プチ軍事ヲタとしては護衛艦(軽巡 矢矧 以下9隻)が全く映らないのにちょっとがっかり(^_^;)
鑑賞日:08月11日 監督:佐藤純彌

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PXZXQFR8L._SL75_.jpgケロロ軍曹 1 [DVD]
Gyaoで1stシーズン第10話~最終第51話視聴。ほのぼのナンセンスSFギャグアニメ。色々なパロディが琴線に響く、特に最終話のウルトラセブンのパロディは秀逸。キャラではモアちゃんが好き、てゆーか天真爛漫? 原作漫画を読みたいけどさすがに図書館にはないのね(笑)
鑑賞日:08月19日 監督:山本祐介

http://ecx.images-amazon.com/images/I/515aY7SoRrL._SL75_.jpgVフォー・ヴェンデッタ [DVD]
独裁者が台頭しディストピア化した近未来のイギリスが舞台。Vは最後まで仮面を脱がないのでナタリー・ポートマンの映画という印象が強い。坊主頭にまでするのには気迫を感じた。Vは狂気のテロリストらしくなかなか酷いことをするのが良い(笑) Vの出自や独裁化の過程に割と合理的な説明がされているのが○。
鑑賞日:08月25日 監督:ジェームズ・マクティーグ

その他、見ている途中のシリーズもの
「青の祓魔師」 「超人バロムワン」 「精霊の守り人」 「アラド戦記~スラップアップパーティー~」 「砂ぼうず」
NHK高校講座 「物理」 「日本史」

鑑賞メーター
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ