途中棄権2011

2011年もあとわずかですが、読み始めた本や見始めた映画などで途中でギブアップしてしまったものが少々ありました。そこで途中棄権してしまった本、映画、アニメをまとめてみました。途中棄権したとはいえ一応記録を残しておいた方が良いと思ったもので…(^_^;)

年の締めにちょっと景気の悪い記事になってしまいました。今年の残り5日間に読む本、映画では途中棄権することはないと思います、たぶん(笑)



【途中棄権した本】

・クリストファー・マクドゥーガル_『BORN TO RUN』
2011/4/15 P66まで
TBSラジオのキラ☆キラで水道橋博士が推薦していたので読み始めた。ドキュメンタリーなのになんか現実感が乏しい。私自身のテンションも低下していたせいか興味が持てなくなりギブアップ。

・森瀬繚 編著_『図解クトゥルフ神話』
2011/6/2 P35まで
「ラヴクラフト全集 1」を読んでいまいちイメージが掴めなかったので参考までに手にした。予想通りハンドブック的な内容なので単独で読むような本ではない。今後クトゥルフ神話系の本を読むことがあったら手元に置くようにしようと思う。

・ウンベルト・エーコ_『薔薇の名前』
2011/12/15 上巻P192まで
宗教問答のようなものが多くて辟易。この手の知識が無く興味もない。「読解困難かつ読了困難な難攻不落小説」だそうで「読書は楽しく!」という私のポリシーにも反する。ここまで頑張って読んだ自分を褒めたい(笑)

【途中棄権した映画】

・ミュータント・タートルズ -TMNT-
2011/8/5
アクションCGアニメだからかなり期待していたけど… シリーズもので設定の説明が殆どない、主人公のカメたちが可愛くない、腰痛で集中力が続かない(笑)、などなどで眠くなってしまった。

・ヤマトよ永遠に
2011/11/18
この前に見た「新たなる旅立ち」でいい加減飽きていたけれど一応見始めたが序盤の16分で撃沈。戦争ものとしてのリアリティを欠くグダグダさに辟易(^_^;) よくこんなものが当時ヒットしたものだと思う。

【途中棄権したアニメ】

・太陽の使者 鉄人28号
2011/12/1
1980年放映のアニメ化第2作。絵や音楽などアニメとしてのクオリティーはとても高く素人目には現在のアニメとの差異は感じない。だがストーリーはわかりやすい勧善懲悪で所詮子供向け。「デビルマンレディー」が始まったりして見る暇がないので第3話までで見るのを止めた。
スポンサーサイト



乾ルカ_『プロメテウスの涙』

「乾ルカ_プロメテウスの涙」(A)を読了しました。→読書リスト
札幌、精神科医の涼子は奇妙な動作を伴う発作を起こす少女の対応に苦慮していた。
バージニア中央刑務所、裕美がカウンセリングする囚人S16は全身をガンに侵されながら苦悶の中生き続けている。
一見何の関係もない2つの出来事だが…
心療内科での少女の診察と医療刑務所でのカウンセリングが交互に描写されます。2人の女性医師は大学以来の親友ということでメールで情報交換するうちに驚愕の事実が浮かび上がるという趣向です。関係なさそうな話が並行して進むのに戸惑いながらも興味が湧き起ります。そして、ある一点で2つが繋がったあとの怒涛の展開は正に「読むのを止められない」級です。この読ませる力は今年読んだ本では一番です。良く問題となる囚人の描写のグロさは私はさほど感じませんでした。「首を切り落としたらどうなるんだろう?」「この蛆はどこからやってくるんだろう?」とかの疑問はありますが(笑)

明らかになる超常現象はかなりトンデモなので人によっては受け入れられないかもしれません。私はこういうのは好きなので歓迎ですが(笑) 気になるのはこの超常現象の原因です。一種の超能力が発現したというのがホラーとしての読み方でしょうが、結果的に「誰得?」なので話全体がスッキリしない感じになってしまっています。

細かいところに少し不自然さを感じました。コンビニの年齢ボタンやクリニックのセキュリティーの描写は無意味ですし、2009年出版にしてはコンピュータ絡みの描写が古臭い感じがします(ポラロイドカメラを使う、スキャナーがクリニックに無い、いちいちプリントアウトする、など)。また女同士の友情の描写もとってつけたようで鬱陶しく思いました。

中盤の読ませる展開は素晴らしいです。ただ長編にするには「アイディア一発」的なところがあります。そういう意味では短編集の「夏光」の方が面白く思いました。あとハッピーエンド風の結末にも少々不満です。「リング」のようにもう一発どんでん返しがあればより良かったんですが…

表紙絵はこちら(Amazon.co.jp)

2011年11月の鑑賞メーター

観たビデオの数:8本
観た鑑賞時間:856分
びぎRの鑑賞メーター⇒http://video.akahoshitakuya.com/u/30130

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51HVJ605Z1L._SL75_.jpgトップガン [DVD]
実機を使った空中戦の映像は迫力十分。音楽もこの映画の代名詞ともいえる「DANGER ZONE」を始めとしてとても格好いい。ストーリーは空中戦を素材にしたスポーツ映画という印象で、恋愛要素も取り入れておしゃれにまとめ上げた米海軍のプロモーションって感じ。トム・クルーズの相対的な背の低さがちょっと目立つ。
鑑賞日:11月01日 監督:トニー・スコット

http://ecx.images-amazon.com/images/I/516BCE8Z2ML._SL75_.jpgさらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち~【劇場版】
フィーバー宇宙戦艦ヤマト 復活篇のサイトで鑑賞。戦闘シーンの迫力、メカの格好良さは文句なし。中でもヤマトの発進シーンは一番の見せ場。しびれた~(笑)  ストーリーは突っ込みどころ満載だけど、終盤に敵の攻撃が完全に沈黙する点、反物質云々のくだりがどっか行っちゃった点、はさすがにちょっと納得いかない。結末と最後のテロップにはスタッフの心意気が感じられた。が、結局シリーズは続いていったのね~
鑑賞日:11月02日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51rS2v8Q0CL._SL75_.jpgウルトラマン Vol.1 [DVD]
Gyaoで第1~30話視聴。怪獣の造形があまりにも見事。今見ても新鮮で奇抜な怪獣も意外と不自然さがなく特撮怪獣はこの時点ですでに完成しているように思える。出演者の演技がとっても良く、特にイデ隊員はドラマパートの主役とも言える活躍。その分ハヤタの大根ぶりが目立ってしまうが… 時間の制約や子供向けということでストーリーが破綻している回も意外と多かった。31話以降を見る方法を検討中。
鑑賞日:11月09日 監督:円谷 一;飯島敏宏;野長瀬三摩地

http://ecx.images-amazon.com/images/I/517TA5TBB3L._SL75_.jpg砂ぼうず 1 (通常版)
GyaO!で全24話視聴。砂漠化した未来の東京で便利屋を営む砂ぼうずの活躍(?)を描く。砂ぼうずが正に「ヤツの腹は真っ黒さ!」を地で行っていて潔い。弟子のタイコ(14才の少女)の存在がストーリーのバランスをとっている感じ。前半はギャグ重視の単発ストーリーだったが途中からシリアスになってちょい退屈。原作漫画は継続中なので中途半端な終わり方なのは仕方がないか。。。
鑑賞日:11月10日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51DVTWMWYYL._SL75_.jpg宇宙戦艦ヤマト~新たなる旅立ち~【劇場版】
フィーバー宇宙戦艦ヤマト 復活篇のサイトで鑑賞。テレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト2」の続編とのことで設定の違いに戸惑った。ヤマトがデスラーと共闘するというずいぶん大胆なストーリー。ヤマトが強すぎたり、惑星がワープしたり、たった2人のためにずいぶん大勢死んだり、突っ込みどころは多い。今回あと3作見られるけどもういいかな…
鑑賞日:11月10日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51M2E3b5quL._SL75_.jpgウルトラマン Vol.8 [DVD]
図書館でDVDを借りた。第31,32話を鑑賞。31ケロニア=空飛ぶ円盤を作った吸血植物の科学技術にビックリ。32ザンボラー=ハヤタのインチキくじには笑った。
鑑賞日:11月17日 監督:


http://ecx.images-amazon.com/images/I/21044FSV68L._SL75_.jpg夜逃げ屋本舗2 [DVD]
人の好いサラ金業者役の風間杜夫の演技が光る。メイン登場人物を踏襲した続編だがテイストの違った映画になっている。前作の敵役の大竹しのぶが登場しないのは少々意外だったが今作の細川俊之もいい味を出している。結末は勧善懲悪的なカタルシスが無く少々中途半端な感じもする。
鑑賞日:11月21日 監督:原隆仁


ウルトラマン Vol.9
第33~36話収録。33メフィラス星人=巨大フジ・アキコがインパクトある。34スカイドン=スプーンで変身が有名だが、全体的にとってもシュール。35シーボーズ=これもシュール。実相寺監督やるなぁ(笑) 36ザラガス=攻撃を受けるほど強くなる怪獣というアイディアの原点はここか?
鑑賞日:11月25日 監督:鈴木俊継,実相寺昭雄,満田かずほ

その他、見ている途中のシリーズもの
 「ゴレンジャー」 「仮面ライダー」 「灼眼のシャナ」  「ゲゲゲの鬼太郎(第3作)」
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」 「デビルマンレディー」
NHK高校講座 「物理」 「日本史」

鑑賞メーター
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ