ニュートン 2012-3 タイムトラベル

【NEWTON SPECIAL】
SFで定番のテーマ
タイムトラベルを科学する
過去にもどって歴史をかえることはできるのか?
真貝寿明/キップ・ソーン
SFではおなじみの「タイムトラベル(時間旅行)」。
物理学にもとづいて,未来や過去へのタイムトラベルの可能性について考えていこう。

・特報 第2弾
詳報 ヒッグス粒子
ついに追いつめた“神の粒子”。
「発見」に向けて秒読み段階に突入!?
協力 浅井祥仁

・Newton第2特集
体を脅かすウイルスたち
ウイルスによって症状がちがうしくみ
協力 松岡雅雄

・Cosmic Wonder
ハッブル望遠鏡が解き明かす宇宙の新事実
打ち上げから21周年,最新画像で追う銀河の進化
協力 河野孝太郎 画像 NASA/STScl

・Nature View
北極圏 オーロラ紀行
フィンランド,カナダ,アイスランド─
各地で撮影された光のカーテン
写真 門脇久芳 協力 篠原 学

・Topic
痛みのサイエンス
人はなぜ痛みを感じるのか?
痛み止めがきくメカニズムとは?
協力 小山なつ/小川節郎

・Nature View
身近で意外な果実の世界
どう実をつける? 野菜と果物のちがいは?
協力 八田洋章

・パレオントグラフィ
海で繁栄した節足動物
甲殻類 ─5億年の軌跡─
協力 田中源吾
科学雑誌「Newton」バックナンバー →http://www.newtonpress.co.jp/science/newton/index2.html

ニュートン2012-3 を読みました。

【特集 タイムトラベルを科学する】

・PART1 未来への時間旅行
未来への時間旅行は一般相対性理論に基づく時間の遅れを利用すれば(理論的には)実現可能です。つまり、非常に大きい速度(光速に近い)で移動したり、非常に大きい重力下(ブラックホール近傍など)に滞在すれば時間が経つのが遅くなるので結果的に未来への時間旅行になるということです。いわゆるウラシマ効果ってやつですが、実際にはそんな大きな速度は出せませんし、ブラックホールの近くまで行くのも非常に困難です。ただ素粒子のひとつであるミューオンにはこの効果が及ぼされていますし、研究に使われる加速器では日常茶飯事的に観測されるそうです。

・PART2 過去は変えられるか?
仮に何らかの方法で過去に行った場合に歴史は変わるのか?ということで「祖父殺しのパラドックス」「自由意志の有無」「パラレルワールド」などSF好きにはおなじみ話題を解説しています。「祖父殺しのパラドックスの設定が物騒だ」ということでわざわざ事例を変えているのにはちょっと苦笑いですが…

・PART3 過去への時間旅行
現在の物理学の範囲で過去への時間旅行の方法を検証しています。存在する可能性が低いワームホールを利用し、それを維持するためのエキゾチック物質なるものが必要で、そのワームホールの片方を未来へ時間旅行させる、などなどいくつもの高い高いハードルをクリアすれば過去への時間旅行ができる可能性があります。しかし、そのタイムマシンではタイムマシンが完成した時よりも過去に戻ることはできないとのことです。残念ながら江戸時代の風俗を研究するとか、生きた恐竜を実際に見るとか、そういう用途には使えないのです(^_^;)



【パレオントグラフィ 甲殻類】
エビやカニなどの甲殻類は6万8千種以上と海洋生物種の約4分の1以上に相当するとのこと。ここで私が気になったのは光を感知するだけの一つの単眼を持つマーチンソニアと巨大な一つの複眼をもつカンブロパキコーベです。物語などでは一つ眼の動物ってよく出てきますが実在したとは少々意外でした。調べたところ、現存する動物でもミジンコなど一部のプランクトンが中心線上に一つの眼を持つとのことです。
スポンサーサイト



SFマガジン 2004-9

【特集 時空論の彼方に】
・エッセイ
○歴史家のために世界の安全を守る「時間順序保護」/スティーヴン・W・ホーキング
○過去は変えられるか/イーゴリ・ノヴィコフ
・小説
○貴腐/ケイジ・ベイカー
○影たちがやってくる夜/ガードナー・ドソワ

【連載】
パンドラ/谷甲州 最終回

【読み切り】
さいたまチェーンソー少女/桜坂洋

【MEDIA SHOW CASE】
見えないお金をSUICAで使う/米田裕

表紙イラスト:加藤直之
SFマガジン 2004-9を読みました。
先日読んだSFマガジン 2009-7で紹介されていた「さいたまチェーンソー少女」の元になった短編が掲載されているということで読んでみることにしました。古い(9年前)雑誌なので読書メーターにはありませんでした。それどころか早川の公式ページにも無いのにはちょっとビックリ。

【特集 時空論の彼方に】
ホーキング博士のエッセイは難しくて途中で読むのをやめてしまいました。もう一つの方は何とか最後まで読めました。時空をテーマにしたSF小説は面白いけどまじめに考えると難しいんですね~(^_^;)

【読み切り】
・さいたまチェーンソー少女
失恋した少女が腹いせにチェーンソーでクラスメイト達を斬殺する。。。この展開でどんな風に長編化するのかと思ったけどオチを読んで納得しました。埼玉という地名には特に意味はないようです(笑)

【MEDIA SHOW CASE】
SuicaやPASMOなどの電子マネーは今では一般的ですが2004年当時の新技術ってことでの紹介です。カード自体が通信機能付コンピュータでパソコンに準ずるような構成であるとのこと。ただし電源はないので動作には読み取り端末からの電磁誘導(フレミングの左手の法則ね)を使うということです。毎日のように使っていますがそんな仕組みだとは知りませんでした。

【気になった本】
・タイムライン/マイクル・クライトン
・過ぎ去りし日々の光/A・C・クラーク
・フラッシュフォワード/ロバート・J・ソウヤー
・エレガントな宇宙/ブライアン・グリーン
・ロボこみ/やぎさわ景一
【気になった映画】
・シュレック
【気になったゲーム】
・グランドセフトオート

2013年2月の鑑賞メーター

観たビデオの数:4本
観た鑑賞時間:409分
びぎRの鑑賞メーター⇒http://video.akahoshitakuya.com/u/30130

http://ecx.images-amazon.com/images/I/31tgyHIipoL._SL75_.jpgアニメ「金田一少年の事件簿」DVDセレクション Vol.3
GyaO!で第10~27話鑑賞。 原作漫画そのままの雰囲気をアニメ化(と言っても原作あまり読んでないけど…)。ストーリー、トリック、推理が荒唐無稽なのは本格もののお約束。それを気にしなければ十分面白い。ともさかりえ出演の実写版も見てみたい。
鑑賞日:02月01日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/215F2JJ9SEL._SL75_.jpg金田一少年の事件簿 VOL.1(ディレクターズカット) [DVD]
「#01 異人館村殺人事件」だけ見た。原作漫画やアニメよりも美雪(=ともさかりえ)の存在感が大きい。時間の制約があるのに意外と上手くまとまっているような気がした。もっとも原作漫画の内容を忘れてしまっているけど(^_^;) 
鑑賞日:02月04日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/519XZJT2GTL._SL75_.jpgアパートの鍵貸します [DVD]
恒例の年一回の鑑賞。本当は年末に見たいんだけどタイミングを逸して今頃になってしまった。ちょいマニアックな突込み→序盤のドービッシュとの鍵のやり取りがおかしい。(1)バクスターは鍵を閉める前に鍵をマットの下に置いている。(2)ドービッシュがマットの下に置くカギを間違えるのはやはり不自然。
鑑賞日:02月06日 監督:ビリー・ワイルダー

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51NDFfcDTzL._SL75_.jpg冷たい熱帯魚 [DVD]
酷い話だとは知っていたけど… ストーリー自体に現実感は乏しく突っ込みどころは多々ある。グロ描写も凄いがなんといってもでんでんの演じる怖い大人のリアリティが凄い。実際ああやって人を操る人っているし社会はそれで動いている面もある。その台詞は私にもグサグサ刺さる。最後の娘の台詞にニヤッとしてしまった自分を人でなしだと思う(^^;)
鑑賞日:02月27日 監督:園子温
 
その他、見ている途中のシリーズもの
「仮面ライダー」  「溜池Now」 「新世界より」
「しろくまカフェ」 「アタックNo.1」 「マギ」  「MASTERキートン」
NHK高校講座 「化学」 「世界史」

鑑賞メーター

谷甲州_『巡洋艦サラマンダー』

「谷甲州_巡洋艦サラマンダー」(A-)を読了しました。→読書リスト
外惑星連合軍が劣勢を挽回するために投入した唯一の正規巡洋艦サラマンダー。しかし急造艦の宿命か、エンジンは不調を訴え応急修理を必要としていた…。

巡洋艦サラマンダー(裏表紙より)
谷甲州氏の航空宇宙軍史シリーズの一冊です。4中編が収録されています。

・巡洋艦サラマンダー
「火星鉄道一九」収録の「土砂降り戦隊」に出てくる外惑星連合軍唯一の正規巡洋艦サラマンダーのその後を描きます。大戦果をあげたサラマンダーが圧倒的な戦力の航空宇宙軍から逃れることができるのかが焦点です。未完成のまま出航したサラマンダーには造船技師が乗っていて工事を続けながら作戦を行っています。史実では第二次大戦中の日本の空母信濃は同様の状態で最期を迎えました。

・サラマンダー追跡
サラマンダー追跡戦を航空宇宙軍の立場から描きます。「土砂降り戦隊」のレニー・ルークも出てきて懐かしいのですが旗艦に入る連絡という形だけなのでちょっと寂しい感じです。でもこの渋さがこのシリーズの良いところなのかもしれません(笑) サラマンダーの運命は第二次大戦中のドイツのポケット戦艦グラフシュペーになぞらえたもので昔見た映画「戦艦シュペー号の最後」を思い出しました。

・アナンケ迎撃作戦
外惑星動乱最後の段階、圧倒的な戦力で押し寄せる航空宇宙軍に対して対応に苦慮する外惑星連合軍の様子を描きます。本来艦船上にあるべき艦隊司令部が陸揚げされていたりするのはまるで第二次大戦末期の日本海軍のようです。物量だけではなく戦術、戦略、そして組織面でも後れを取り崩壊する様は負ける軍隊の定番のようです。

・最終兵器ネメシス
木星の衛星イオで行われていた火山を利用した開発中の最終兵器を巡る外惑星連合軍の内輪もめの話です。ついさっきまで友軍だったものが結果的に命のやり取りをする羽目になってしまう様が非情です。最終兵器ネメシスはなかなかトンデモです。ガミラスの遊星爆弾をこのシリーズ流に登場させたって感じでしょうか?

地味地味地味っ! ハードSF描写優先で物語二の次という感じです。まぁ、こちらが求めているのもそっち方面なんで文句はないんですが(笑) 史実などからのエピソードの流用がありますが元ネタを知らないと意味がないですしね~ 去年のベストにあげた「星の墓標」があまりにも絶妙なバランスだったんでついつい期待過剰になってしまうというのもあるかもしれません。4編の中編という構成なので一話一話は短めでその点では長編よりは救いがあります。

表紙絵はこちら(Amazon.co.jp)

DS カックロ 全問クリア


昨年の6月頃からコツコツとプレイしていたDSカックロですが、ついに全310問クリア達成しました。
トータル時間=131時間2分34秒 ボーナススター=1375個 
前回の記事は→こちら カックロについては→こちら

最初のうちはタッチペンでやっていたのですが途中からボタン操作の方がやりやすいことに気づいたのでそちらに切り替えました。また数字の分解表(カックロを解くキモ)はゲームに内蔵されているのですが、プレイ中常時見られるように別に用意しました。

問題の難易度は「入門」「やさしい」「ふつう」「むずかしい」の4ランクに分かれています。「むずかしい」の中には本当にとっても難しいものが含まれていて、解くまでに2時間を超えたものが3問ありました。特に第70問は2回途中で挫折したりしてトータルでは7時間くらいかかりました。これは結局DS上では解くことができず最後にはゲーム画面を撮影し印刷して紙と鉛筆を使ってやっと解いたのでした(^_^;)

難易度と解答時間に応じて獲得できるボーナススターは1520個が満点です。
現時点では1375個なので今後は満点を目指して頑張りますっ!
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ