西澤保彦_『七回死んだ男』

「西澤保彦_七回死んだ男」(A)を読了しました。
幾度も繰り返される殺人。殺されるのはいつも渕上零治郎!? それは、現実の出来事!! だが、それを認識できるのは孫の久太郎だけ。時間の“反復落とし穴”に嵌まり込んだ久太郎が、祖父の命を救うべき孤軍奮闘するが…。 

裏表紙より
「007は二度死ぬ」の連想からかハードボイルド調の話だと思い込んでいましたが(笑)実際は相続絡みの本格推理でした。本格推理とはいえ、主人公だけが同じ1日を9回繰り返す「反復落とし穴」の存在というSF設定がこの小説の根本となっています。

SF好きからするとこの設定自体も疑いたくなるところですが(関係者は親族なのだから他に同様の能力を持つ人がいてもおかしくない、とか)、そこはお約束として目をつぶることにします。また、この親族の関係、被害者の言動、などなどはかなり不自然でいかにも本格推理という感じです。こういうところは不慣れな私にはちょっと引っかかってしまうところです。

殺されてしまう祖父を孫である主人公がなんとか救おうと奮闘する様子が描かれます。何度も繰り返す一日のうちに浮き彫りになる人間模様がなんともコミカルです。繰り返される殺人や、親族間の決定的な対立、という深刻な事態にも関わらず「まだ、やり直しが利く」という事が救いになっています。何度やっても祖父が殺されてしまいバタバタする様子は結構笑えます。

最後にはちゃんと全容が語られます。いくつかの意外な事実が明かされるのですが、腑に落ちなかった点がスッキリと片付いていて見事です。ちょっと突っ込みたい部分もありますけどね(笑) 意外な事実についてはこの下に反転文字でメモしておきます。
・主人公が一周目だと思っていた日は反復落とし穴には入っていなかった。二周目だと思っていた日が実は一周目だった。→「日付がわからないのは不自然、テレビとか見ないの?」と突っ込んでおきます(笑)
・そもそも殺人事件など起きていなかった。
・主人公がこの反復の中で一回死んでいる。
時間ループもののSFは大好物なのですが、この作品は時間ループを本格推理に上手く取り入れて全く違った趣に仕上げています。面白かった~、お勧めです♪
スポンサーサイト



ニュートン 2013-1 超ひも理論

ニュートン 2013年 バックナンバー
【NEWTON SPECIAL】
1時間でよく分かる!超ひも理論
あらゆるものは「ひも」が集まってできている!?

【NEWTON SPECIAL】
人類滅亡の危機は,明日訪れるかもしれない
小惑星インパクト
「小惑星が地球に衝突する見込み」。そのときどうする

・X線で見る激動の宇宙
・ここまでちがう! 卵の姿
・変幻自在の不思議な生物 粘菌
・となりの恒星をめざせ
・毒と薬の不思議な関係
・進化をつづけるモバイル通信
・医師から宇宙飛行士へ─めざすは“身近な宇宙”の実現
科学雑誌「Newton」バックナンバー
http://www.newtonpress.co.jp/newton/back/bk_2013/bk_201301.html

ニュートン2013-1 を読みました。

【超ひも理論】
超ひも理論は現代物理学の土台となっている大理論(一般相対性理論、量子論)を統合する究極の理論と言うことです。天体のような大きなスケールで重力を扱う一般相対性理論と電子や光子などミクロな世界を扱う量子論を統合するのは現代物理学にとっては非常に重要な課題だとのこと。

とは言え、私は、一般相対性理論はごくおぼろげに理解している、量子論はほとんどわからない、というレベルなのでこの特集を読んでも正直ピンときませんでした。かろうじて私がイメージできたのは次の項目です。

・「ひも」はどんなもの?
自然界は多くの種類の素粒子から成り立っているがその素粒子は同じ「ひも」でできている。そのひもの振動のしかたの違いで素粒子の種類が変わってくる。ひもには光や物質を作る素粒子になる「開いたひも」と重力子などになる「閉じたひも」がある。

・隠れた次元
世界は9次元空間であり、私たちが認識できる3次元の他に6つの次元が隠れている。                                                                                        

・ひもがくっつく”膜”
ブレーンワールド仮説によると、私たちの住む(と認識している)3次元世界は「ブレーン」と呼ばれる膜のようなものである。光や物質などの開いたひもは両端をブレーンにくっつけているのでブレーンから出ていけない。一方重力子は閉じたひもなのでブレーンとは関係なく移動できる。

「世界は9次元空間である」ですでに???ですが(笑)、重力子が次元を超えて作用するというのはダークマターの正体を説明するような気もしてちょっと納得です。この他にも「宇宙ひも」「超ひも理論の歴史」「ブラックホールの人工生成」「広がる応用例」などの項目もありますが、そちらの方はよくわかりませんでした(^_^;)


【小惑星インパクト】
「人類滅亡の危機は、明日訪れるかもしれない」ということでワクワクしながら読んだのですが、現在ではぶつかりそうな小惑星は監視されているということでちょいがっかりです(笑) ただし、衝突を回避する方法は意外と難しくそう簡単には行かないようです。「核ミサイルを撃ち込んで、破壊する、軌道を変える」というのは技術的に実現性がないとのこと。

【医師から宇宙飛行士へ】
金井宣茂JAXA宇宙飛行士のインタビュー記事ですが、先日見たアニメ「宇宙兄弟」そのままです。いつか日の丸宇宙船が実現するといいですね。

原田宗典_『どこにもない短篇集』

「原田宗典_どこにもない短篇集」(B+)を読了しました。
朝早くゴミ集積場の近くを通りかかったぼくは奇妙なものを見つける。

固結びの人
ごく普通の生活の中で起こる不思議、不気味なことがテーマのショートショート集です。起こる現象は不条理で原因も結果さえも判然としないようなものが多くなっています。オチがないようなものもあり、読んでいる方が不安になって来たり。。。読者にそういう不安感を抱かせるのが狙いなのかもしれません(笑) 手を変え品を変えいろいろな不思議な現象が出てきて軽く読めるので時間つぶしには良い感じです。もっとも私は続けて読んだので途中でちょっと飽きてしまいましたが(^_^;)

マイベストは上にあらすじを書いた「固結びの人」です。5ページのとっても短い作品ですが何か今の世相を反映しているようで怖くなりました。

収録作品
ただ開いているだけの穴  祖父のメンテナンス  何のアレルギー?  削除
角の悪意  頭痛帽子  認識不足  ×(バツ)  固結びの人  黄色い猫
厄介なファックス  スコールを横切る  ミセスKの鏡台  同窓会の夜
サカグチの引き出し  瓶の仲へ  空白を埋めよ

作者の原田宗典氏ですが、昨年の9月に覚せい剤と大麻所持容疑で逮捕されていたことを知りました(執行猶予付きの有罪判決)。このブログにも専用書庫がある位おなじみ(とは言え2008年以来)の人なのでちょっとビックリしました。

谷甲州_『終わりなき索敵』

「谷甲州_終わりなき索敵」(A)を読了しました。
第一次惑星動乱から11年後、太陽系に向かって急接近する物体が発見される。「SG」と呼ばれるその物体を観測するために「観測艦ユリシーズ」が派遣される。ユリシーズには員数外の10番目のクルー「作業体K」も搭乗していた。
昨年のベストにあげた「地球移動作戦」に似たような出だしですが全く違う展開となります。「最後の戦闘航海」でちょっとだけ出てきた作業体Kが出てきますが、どういう経緯でユリシーズに乗ることになったのかは判然としません。

SGに接近したユリシーズに事故が発生しその危機に作業体Kが身を挺して。。。というのはありそうなパターンなのですが、ここからちょっと普通じゃない話になっていきます。この航空宇宙軍史シリーズは物理学に則った嘘っぽくない宇宙戦争が売りなんですが、そんななかで度々、恒星間航行やそれを支える超光速移動、宇宙の広範囲に繁栄する汎銀河人、などなど、嘘っぽい(?)話が出てきます。その辺が私には少々納得のいかないところだったのですが、ここでその説明を試みています。

超光速移動を可能にする宇宙における潮流のような「空間流」なるものが登場します。相対性理論によると時間と空間は等価なので超光速移動をすると時間旅行することになり。。。時間をさかのぼった作業体Kは過去に干渉することになり。。。様々な因果関係が崩壊し。。。作業体Kは様々な人格に変貌し。。。創造神となって宇宙に人類の種子を撒き。。。etcetc.と かなりブッ飛んだ話になっていきます。

そんなこんなで恒星間航行の技術を手に入れた人類(航空宇宙軍)は地球外人類(汎銀河人)と接触しそれを支配しようとします。汎銀河人の文明は地球の20世紀前半程度のものなので科学力では航空宇宙軍と比ぶべくもありませんが決死の攻撃で一矢報います。この軌道上の宇宙船をプロペラ機で攻撃するところの描写がかなり面白く読めました。なんとなくジブリアニメっぽいイメージです。

その後はいつの間にか科学技術を飛躍的に向上させた汎銀河人と航空宇宙軍との決戦になるのですが、この辺は正直よくわかりません。勝負は一瞬でついてしまいヤマトやガンダムのような華々しい戦闘シーンは皆無です。この過程で明かされるこの物語の発端であるSGの正体には驚きました。そして勝者の戦後の選択には納得しました。しかし超光速技術が存在する限りものごとの因果関係は意味をなさないので。。。とは思いますが(笑)

端々にシリーズの登場人物も(ほぼ名前だけすが)出てきて締めくくりにふさわしい作品です。同時に実験的なトンデモSFでもあり単体としても楽しめました。もっとも2012年年間ベストの「星の墓標」がシリーズ中で一番というのは揺るぎませんが。。。

これで「航空宇宙軍史」シリーズを読み終わることになってしまってちょっと残念です。
が、一読だけではよくわからない部分も多いので再読しても良さそうです。

読書リスト(11) 2014

読書リスト(11) 2014

No.日付書名ジャンル 作者面白度
121312/19おじさまの法則エッセイ泉麻人A-
121212/14まほろ駅前多田便利軒ミステリー三浦しをんA
121112/8売国妃シルヴィアSF宵野ゆめB+
121012/1大江戸恐龍伝SF夢枕獏A+
120911/9厭な小説ホラー京極夏彦A
120811/6モンキーズ・レインコートハードボイルドR・クレイスB+
120711/2ルンナ姫放浪記SF横山えいじA-
120610/28てのひらの闇ハードボイルド藤原伊織B+
120510/24恐竜には毛があった!!科学!飛鳥昭雄B+
120410/21女王陛下のユリシーズ号戦争A・マクリーンA
120310/8どんなに上手に隠れてもミステリー岡嶋二人A
120210/4弥勒社会篠田節子A-
12019/27震度0ミステリー横山秀夫B+
12009/24パンダの死体はよみがえる科学遠藤秀紀A-
11999/9八十日間世界一周冒険J・ヴェルヌA-
11989/2古書店アゼリアの死体ミステリー若竹七海A-
11978/28科学の扉をノックする科学小川洋子A-
11968/12魔聖の迷宮ファンタジー五代ゆうA
11957/29天使と悪魔ミステリーD・ブラウンA
11947/24頭文字D48コミックしげの秀一B+
11936/18鏡の国の戦争ミステリーJ・ル・カレB
11926/5愚行録ミステリー貫井徳郎A-
11915/30天涯の砦SF小川一水A-
11905/28火星年代記SFR・ブラッドベリA-
11895/14事実の読み方ドキュメンタリー柳田邦男B+
11885/4街の灯ミステリー北村薫B+
11875/1フェッセンデンの宇宙SFE・ハミルトンA-
11864/17ガソリン生活ミステリー伊坂幸太郎B+
11853/10三国志56~60歴史横山光輝B+
11843/3かぜの科学科学J・アッカーマンB+
11832/4葛橋ホラー坂東眞砂子B+
11821/28七回死んだ男ミステリー西澤保彦A
11811/14どこにもない短篇集ホラー原田宗典B+
11801/6終わりなき索敵SF谷甲州A

2013年に読んだ本のまとめ


昨年読んだ本をまとめてみました。

昨年中に読了したのはNo.1162「三国志31~40」~No.1179「タイド」の18作品でした。
雑誌では「SFマガジン」5冊、「ニュートン」4冊を記事にしました。
例年に比べると激減していますが原因は夏以降に始めたドラクエ10です。ちょっと夢中になりすぎて日常生活にまで影響するようになってきたので今は無料時間でちょっとだけ遊んでいます。なので、今年は少しは読書量も復活すると思います。

読書メーターによると
《読んだ本の数:45冊(1日平均0.12)| 読んだページ数:11715ページ(1日平均32)》
でした。

読書量が少ないからか正直パッとした作品がなく選ぶのにも困ったのですが、一応ベスト3をあげておきます。

【面白かった本 ベスト3】
1.山本弘_『地球移動作戦』
SFマガジンで連載を読んだ後に読んだので限りなく再読に近いのでここに選ぶのにはちょっと抵抗があるんですが物語としての面白さは一番でした。連載を読み終わったのも昨年なので許してください(笑)

2.T・ブロック_『超音速漂流』
1979年の作品を1998年に改定したといういわゆる古典なので突っ込みどころも少なくないですが「スリルとサスペンス」はなかなかのものでした。

3.グイン・サーガ・ワールド7
これがランクインしたのはひとえにトリビュートとして掲載されている「魔王子の召喚/牧野修」のおかげです。今後短編集とかに入ることはあるのかな?埋もれてしまったらもったいない。。。

読書メーター「まとめ」2013年

読んだ本の数:45冊
読んだページ数:11715ページ
ナイス数:46ナイス

http://ecx.images-amazon.com/images/I/519YcgU69oL._SX50_.jpg三国志 (40) (希望コミックス (121))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46689503.html
読了日:1月1日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/61lJ6nY2jbL._SX50_.jpgグイン・サーガ・ワールド 6 (ハヤカワ文庫JA)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46644587.html
読了日:1月22日 著者:栗本薫
http://ecx.images-amazon.com/images/I/61C1XR7W23L._SX50_.jpgアムネリアの罠―グイン・サーガ(40) ハヤカワ文庫JA感想
再読
読了日:2月9日 著者:栗本薫
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51epT0lKYJL._SX50_.jpgS-Fマガジン 2009年 07月号 [雑誌]感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46698881.html
読了日:2月20日 著者:
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51wEP7cUUOL._SX50_.jpg巡洋艦サラマンダー (ハヤカワ文庫JA―航空宇宙軍史 312)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46716388.html#46716388
読了日:2月28日 著者:谷甲州
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51XHqSan8zL._SX50_.jpgNewton (ニュートン) 2012年 03月号 [雑誌]感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46761885.html
読了日:3月22日 著者:
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Yixt%2BANZL._SX50_.jpg三国志 (41) (希望コミックス (124))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46810664.html
読了日:3月26日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51AUjbFoPSL._SX50_.jpg三国志 (42) (希望コミックス (125))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46810664.html
読了日:3月26日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51OajyfcisL._SX50_.jpg三国志 (43) (希望コミックス (129))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46810664.html
読了日:3月27日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/515XHF6bGRL._SX50_.jpg三国志 (44) (希望コミックス (132))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46810664.html
読了日:3月28日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/516uFEp-ccL._SX50_.jpg三国志 (45) (希望コミックス (136))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46810664.html
読了日:3月30日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/512R72T3CGL._SX50_.jpg超音速漂流 (文春文庫)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46797997.html
読了日:4月5日 著者:ネルソンデミル,トマスブロック
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Ie4cyp0%2BL._SX50_.jpg残穢感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46823021.html
読了日:4月19日 著者:小野不由美
http://ecx.images-amazon.com/images/I/61vhxLcWtFL._SX50_.jpgS-Fマガジン 2009年 08月号 [雑誌]感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46838594.html
読了日:4月25日 著者:
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51KPNGMW6GL._SX50_.jpgカレーヌの邂逅―グイン・サーガ(42) (ハヤカワ文庫JA)感想
再読
読了日:4月27日 著者:栗本薫
http://ecx.images-amazon.com/images/I/4194OCdhT9L._SX50_.jpg自虐の詩 (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46854384.html
読了日:5月4日 著者:業田良家
http://ecx.images-amazon.com/images/I/41IgSKE8s9L._SX50_.jpg自虐の詩 (下) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46854384.html
読了日:5月5日 著者:業田良家
http://ecx.images-amazon.com/images/I/613Dk-WUTTL._SX50_.jpg頭文字D(46) (ヤングマガジンコミックス)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46874385.html
読了日:5月8日 著者:しげの秀一
http://ecx.images-amazon.com/images/I/61thhxNpstL._SX50_.jpgグイン・サーガ・ワールド7 (ハヤカワ文庫JA)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46880514.html
読了日:5月13日 著者:
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51FNASMKSRL._SX50_.jpg機動戦士ガンダム〈1〉 (角川文庫―スニーカー文庫)感想
再読 http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46919386.html
読了日:5月15日 著者:富野由悠季
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51yMq7QjqWL._SX50_.jpgNewton (ニュートン) 2012年 04月号 [雑誌]感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46894648.html
読了日:5月22日 著者:
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51944G4HSTL._SX50_.jpg機動戦士ガンダム〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)感想
再読 http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46919386.html
読了日:5月25日 著者:富野由悠季
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51jBbnnzaNL._SX50_.jpg最後の戦闘航海 (ハヤカワ文庫JA―航空宇宙軍史 355)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46915259.html
読了日:5月29日 著者:谷甲州
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51CPZ9A7AWL._SX50_.jpg機動戦士ガンダム〈3〉 (角川文庫―スニーカー文庫)感想
再読 http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46919386.html
読了日:6月1日 著者:富野由悠季
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51KMs2w5HeL._SX50_.jpg三国志 (46) (希望コミックス (138))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46961084.html
読了日:6月9日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/518rOXT-apL._SX50_.jpgS-Fマガジン 2009年 09月号 [雑誌]感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46947716.html
読了日:6月12日 著者:
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51y2FVOtw4L._SX50_.jpg三国志 47 (希望コミックス 142)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46961084.html
読了日:6月13日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51QRAkesBLL._SX50_.jpg三国志 48 (希望コミックス 144)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46961084.html
読了日:6月15日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51K6jHdJoTL._SX50_.jpg三国志 (49) (希望コミックス (147))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46961084.html
読了日:6月16日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51JSxmy0pYL._SX50_.jpg三国志 (50) (希望コミックス (151))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46961084.html
読了日:6月16日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/5140H96YCXL._SX50_.jpg共犯者 (新潮クライムファイル)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/46976806.html
読了日:7月1日 著者:山崎永幸
http://ecx.images-amazon.com/images/I/514LXk3poaL._SX50_.jpgNewton (ニュートン) 2012年 07月号 [雑誌]感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47029230.html
読了日:7月12日 著者:
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51WD0P49FTL._SX50_.jpg炎のアルセイス―グイン・サーガ(44) (ハヤカワ文庫JA)感想
再読
読了日:7月14日 著者:栗本薫
http://ecx.images-amazon.com/images/I/61UVA26HHcL._SX50_.jpg三国志 (51) (希望コミックス (156))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47071574.html
読了日:7月21日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51ymEAaku1L._SX50_.jpg地球移動作戦 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47038156.html
読了日:7月29日 著者:山本弘
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51IHBaLUu4L._SX50_.jpg三国志 (52) (希望コミックス (160))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47071574.html
読了日:8月3日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Bqt7MWATL._SX50_.jpg三国志 (53) (希望コミックス (163))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47071574.html
読了日:8月4日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/61BR7QfUiAL._SX50_.jpgグイン・サーガ・ワールド8 (ハヤカワ文庫 JA ク 0-12)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47056822.html
読了日:8月7日 著者:栗本薫,五代ゆう,宵野ゆめ
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51S%2B%2Bd7iPLL._SX50_.jpg三国志 (54) (希望コミックス (165))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47071574.html
読了日:8月11日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Or6G09rJL._SX50_.jpg三国志 (55) (希望コミックス (169))感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47071574.html
読了日:8月12日 著者:横山光輝
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51h3wzgsaRL._SX50_.jpgS-Fマガジン 2009年 11月号 [雑誌]感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47107349.html
読了日:9月7日 著者:
http://ecx.images-amazon.com/images/I/61dZfMjiu9L._SX50_.jpg頭文字D(47) (ヤングマガジンコミックス)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47179791.html
読了日:10月15日 著者:しげの秀一
http://ecx.images-amazon.com/images/I/61hofTNq6eL._SX50_.jpg丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47274607.html
読了日:12月9日 著者:小野不由美
http://ecx.images-amazon.com/images/I/41n9a8SfHFL._SX50_.jpgタイド (単行本)感想
http://blogs.yahoo.co.jp/biginnerreader/47290662.html
読了日:12月24日 著者:鈴木光司
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51QG60GCQQL._SX50_.jpg終わりなき索敵〈上〉 [航空宇宙軍史] (ハヤカワ文庫JA 569)感想
h
読了日:12月30日 著者:谷甲州
 
- 登録出来なかった書籍 -
2013/12/16 日経パソコン2013 9.23
2013/10/31 日経パソコン2013 8.26
2013/8/16 日経パソコン2013 5.27
2013/7/4 日経パソコン2013 4.22
2013/6/4 日経パソコン2013 4.8
2013/5/10 日経パソコン2013 1.14
2013/4/9 日経パソコン2013 2.11
2013/3/12 日経パソコン2012 12.24
2013/3/8 SFマガジン 2004-9
2013/2/13 日経パソコン2012 11.26
2013/1/30 日経パソコン2012 9.10

読書メーター

2013年12月の鑑賞メーター

観たビデオの数:4本
観た鑑賞時間:457分
びぎRの鑑賞メーター⇒http://video.akahoshitakuya.com/u/30130



 
ルドルフとイッパイアッテナ(1) [VHS]
全20話鑑賞。毒蝮三太夫の語りのNHK教育テレビのてれび絵本。毒蝮氏の語りの芸達者振りに感心した。一人で語っているということはすぐに忘れて物語に没頭させる力がある。こういうのを見ると「何人もの声優で演じ分ける普通のアニメって。。。」などと思ってしまう。絵本風の絵も語りにマッチしていて一見雑だけどとても良い。物語自体は普通だけど登場人物(?)がそれぞれ個性的で魅力がある。
鑑賞日:12月05日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/21T1P7V7XRL._SL75_.jpg太陽を盗んだ男 [DVD]
沢田研二が原爆を自作し政府を脅す愉快犯、それを追う刑事に菅原文太という配役。全体的にシュールな作りで沢田研二の怪演が光る。犯行の動機、原爆の製造過程、警察や政府の対応、死なない菅原文太、などなどなど突っ込みどころは多々あるけどそんなことに関係なくパワーに圧倒される。後半意外なくらいアクションしててこれも良かった。
鑑賞日:12月10日 監督:長谷川和彦

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51vukUHKmAL._SL75_.jpg全国的ローカル情報番組「溜池Now」vol.1 [DVD]
全71回中51回鑑賞。2006年~2008年にかけてギャオで配信されていた情報バラエティ。配信中には見たので再鑑賞。内容はくだらなくて素敵(笑) 素の(?)しょこたんを堪能できる貴重な番組。地上波でも活躍してるけどなんか違う気がする。。。 同じく素を晒していたラジオ番組東京REMIX族が今年の6月に終わってしまったのもとっても残念。
鑑賞日:12月19日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51FZBJXEMVL._SL75_.jpgチャーリーとチョコレート工場 [DVD]
なんと言ってもウンパ・ルンパ。彼らの出てくる場面だけミュージカル映画になる構成が新鮮。ウォンカや他の子供たちなどなども個性が強烈。主役のチャーリーだけが全くの良い子なんでちょい拍子抜け(笑) ひとりずつ消えていくホラーかと思ったらハッピーエンドでなかなかいい話だった。
鑑賞日:12月25日 監督:ティム・バートン

 
その他、見ている途中のシリーズもの
「内村さまぁ~ず」 「ウミショー」 
「ガンバの冒険」 「スラムダンク」 「宇宙兄弟」
NHK高校講座 「生物」 「地理」

鑑賞メーター

ご挨拶



明けましておめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

早速日本酒を飲んでいますが、諸般の事情によって今年はいつも飲んでいるやつです。
今年も元日から仕事なのでそろそろ寝ます。

干支の画像は 『年賀状デザインバンク』 様からダウンロード、使用させていただきました。
http://www.designbank-nenga.com/
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ