横山光輝_『三国志56~60』

「横山光輝_三国志56~60」(B+)を読了しました。

やっと全60巻読み終わりました~♪
最初の記事が2011年4月なので約3年かかりました(^_^;)
各巻のサブタイトル、あらすじは以下の通り。

・56、孔明の帰国
孔明の策謀により曹真は憤死する。孔明は改良した八陣図で仲達に完勝するが謀反の噂により退却する。退却時竃を利用して追撃を阻止する。孔明は再び出陣し仲達軍を翻弄する。仲達はさらに大軍を動員する。

・57、祁山の戦い
孔明は一旦退却し3年間国力充実に力を注ぐ。関興が病死する。再び出陣した孔明は北原の戦いで惨敗し魏延は作戦に不満をあらわにする。仲達は鄭文を降伏させ内応させる策を打つが孔明に見破られ逆に打ち破られる。

・58、五丈原への道
孔明は木牛流馬を利用して仲達を追い詰めるが仲達は冠を囮にして逃げる。呉が魏に攻め入るが魏に逆襲され引き上げる。仲達をおびき出しつつ、反骨の魏延を除くための葫蘆谷の火の罠は突然の豪雨で失敗する。

・59、秋風五丈原
孔明は自身の死期を悟り払いの儀式を行うが魏延の乱入で失敗し、死んでしまう。孔明の死に伴い蜀軍は退却するが、追撃する仲達は孔明の人形を恐れて逃げ出す。魏延は孔明の死に乗じて謀反を起こすが馬岱に討たれる。

・60、蜀漢その後
孔明亡き後、蜀も魏も国内は乱れるが、蜀では姜維、魏では仲達が軍の実権を握る。蜀魏は戦いを重ねる中仲達は寿命で死ぬ。最終的に魏が蜀に攻め入り、姜維は善戦するものの劉禅が降伏し蜀は滅びる。

話の中心は51~55巻に引き続き孔明と仲達の対決です。が、これまでに散々ひどい目にあった仲達は専ら引きこもっての持久戦に終始し、孔明がそれをなんとか引っ張り出そうとするというパターンが目立っています。孔明は不運や蜀の人材不足で結局仲達を捉えることが出来ませんでした。特に葫蘆谷の豪雨は二重の意味で不運でした。降伏した劉禅は安楽公としてのんびり暮らしたとのことですが、私的には「それもありかな」と思ったりして(^_^;)

非常に有名で人気の高い作品だけあってやはり面白かったです。どこかで見たことがあるような話の展開が散見するのですが、当然こちらがオリジナルなんでしょうね~(笑) 本当に面白かったのは最初の3人(玄徳、関羽、張飛)が活躍した頃でした。力を合わせて逆境に立ち向かう姿や、敵役(?)曹操との対決など見どころ満点です。呂布などの小物(?)も含めてキャラが立っていてワクワクしました。それに比べると孔明登場後は孔明は優秀すぎて没個性的だったりややトーンダウンした印象は否めません。それでも随所に読ませるポイントがあって飽きることはありませんでした。人気ぶりもうなずけますね~

同じ横山光輝氏の「バビル2世」がとても面白いと岡田斗司夫氏のエッセイにありました。が、続けて読むと絵柄が同じで混乱しそうなので(笑)何か別のコミックを読もうかと思っています。
スポンサーサイト



J・アッカーマン_『かぜの科学―もっとも身近な病の生態』

「ジェニファー・アッカーマン_かぜの科学―もっとも身近な病の生態」(B+)を読了しました。
病には数あれど、かぜほど厄介なものはない。これだけ長く研究されていながら、ワクチンひとつないなんて…練達のサイエンスライターが、かぜとは何なのか、かかったらどうしたらいいのか、多数の研究者に最新の知見を取材し、山とある俗信や市販薬の効果のほどを見定めつつ、自らの身を挺する罹患実験に参加までして、かぜを観察。あくまで科学の視点に立ちながら、読者の興味をそらさない絶妙の読みやすさをもって綴る、「かぜの生態学」。 

表紙裏の紹介文
TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」で漫画家のしまおまほさんが紹介されていたので読んでみました。→http://www.tbsradio.jp/utamaru/2013/03/3112013323.html

私はいたって健康なので病気と言ったらかぜ位しか縁がありません。かぜさえひかなければ非常に快適な生活を送れるのでこの本の内容は役立ちそうです。かぜの基礎知識として私が(再)認識したのは以下の点でした。

・かぜの原因となるのは細菌ではなくウイルスである。ウイルスには殺菌剤や抗生物質は効かない。
・かぜのウイルスの人から人への感染は手を介して鼻、口へと行われる。「手洗い」「鼻、口を触らない」が感染予防には効果的である。
・子供が集まる学校や保育園がかぜの温床となっている。大人は子供からかぜをうつされることが多い。
・鼻詰まりの原因は鼻汁ではないのでいくら鼻をかんでも解消しない。

最近よく言われるようになったように手洗いが重要なようです。冷たい水での入念な手洗いはまだまだ辛いので、根性なしの私はお湯で洗うようにしています。手で鼻や口を触る頻度は高いかな~(^_^;)

著者は取材の一環としてかぜウイルスに感染し薬の効果を測定する実験の被験者となるボランティアに参加します。これはリスクはありますがそれなりの報酬もあるようなので、日本にもないか調べてみました。かぜというわけではありませんが、治験モニターの募集はweb上でも行われています。ただ、やせ気味の私にはBMIがぎりぎりアウトっぽいです(^_^;)

かぜへの効能をうたう色々な医薬品を非科学的と斬り捨てています。この話が本当だとすると医薬品メーカーの現状があまりにひどいのに唖然とします。アメリカだけの話なんだろうか?日本の一般的なかぜ薬も似たようなものなのか?と心配になります。また多くの民間療法についても科学的根拠は乏しいという結論です。ただ、著者がアメリカ人なので紹介される民間療法ががアメリカのものなのでちょっとピンと来ません。のどにネギ巻くとか卵酒なんかも効かないんですよね、きっと(^_^;) とは言え、「薬を飲んだから大丈夫」というプラシーボ効果もバカにはできないようです。信じる者は救われる?

この本の中で一番印象的だったのは次の一文です。

たまにはかぜをひくのも悪くないかもしれない

忙しい現代人、ゆっくり休むのもいいかもしれません。
もっとも私は普段からそんなに忙しくしてはいませんが(^_^;)

2014年2月の鑑賞メーター

観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:276分
びぎRの鑑賞メーター⇒http://video.akahoshitakuya.com/u/30130

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51XHSMHMB7L._SL75_.jpgトイ・ストーリー2 [DVD]
続編として着実な出来。なんと言っても新(?)バズが良い。2人のバズのやり取りは爆笑ものだった。すっかり悪者になってしまったプロスペクターだけど、あれは未開封という環境が良くなかったのかな?やっぱりおもちゃは遊んでもらわないと。。。北原照久が悪いのか?(笑) 3も見たいな~
鑑賞日:02月05日 監督:Array,リー・アンクリッチ,アッシュ・ブラノン

http://ecx.images-amazon.com/images/I/21P53CR752L._SL75_.jpg踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD]
「レインボーブリッジ封鎖」だとはどんな大事件なのかと思えば単なる(笑)連続殺人、 かと言ってサイドストーリー(?)の吸血鬼や家族スリも深く掘り下げない。。。 シリーズ特有の軽薄な悪ふざけはそれなりに楽しいけどストーリーにあまりにも中身がない気がする。テレビシリーズとか映画第一作もこんなんだったけ?
鑑賞日:02月18日 監督:本広克行

http://ecx.images-amazon.com/images/I/518y5JTP9KL._SL75_.jpgケンコー全裸系水泳部ウミショー Vol.1 (通常版) [DVD]
全13話鑑賞。高校の水泳部が舞台でスポ根ものの体裁をとってはいるが「全裸系」とあるように基本はエロドタバタギャグ。とは言え少年マガジン連載のアニメ化なのでエロは控えめ。個性的キャラ満載だけど、アニメの全13話では消化しきれていない印象を受ける。
鑑賞日:02月26日 監督:そ~とめこういちろう
 
その他、見ている途中のシリーズもの
「内村さまぁ~ず」 「ウルトラマン」 
「スラムダンク」 「となりの関くん」 「クロスゲーム」 「おおきく振りかぶって」
NHK高校講座 「生物」 「地理」
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ