SFマガジン2010-2

【創刊50周年記念特大号 PART・2 日本SF篇】
本誌創刊50周年の記念特大号・第二弾。ベテランから新鋭まで、現代日本SF回を代表する作家たちが総登場するほか、スペシャル・コミックを掲載する。そのほか、記念エッセイ、SFマガジン年表で構成する。
・ [特集内容]
○「フェイス・ゼロ」 山田正紀
○「問題食堂」 椎名 誠
○「ロボ」 瀬名秀明
○「マグネフィオ」 上田早夕里
○「ザナドゥ高地」 谷 甲州
○「小指の思い出」 牧野 修
○「確かな自己、固定・変換・解放」 神林長平
○「古の軛」 林 譲治
○「路面電車で行く王宮と温泉の旅一泊二日」 北野勇作
○「囚人の両刀論法」 小林泰三
○「カッパの王」 田中啓文
○「メトセラとプラスチックと太陽の臓器」 冲方 丁
○「アリスマ王の愛した魔物」 小川一水
○「エデン逆行」 円城 塔
○「地球から来た男」 山本 弘
○「気まぐれな宇宙にて」 森岡浩之
○「夢」 菅 浩江
○「コンビニエンスなピアピア動画」 野尻抱介
・スペシャル・コミック
○「僕と彼女の微妙な関係」 吾妻ひでお
○「SF小僧の花嫁」 とり・みき
○「SFまで100000光年スペシャル」 水玉螢之丞
○「おまかせ! レスキュー・スペシャル」 横山えいじ
○「今日の早川さん・スペシャル」 coco
○「無題」 西島大介
・ 記念エッセイ 石川喬司/眉村 卓/鏡 明/川又千秋/高千穂 遙/夢枕 獏/森下一仁/新井素子/巽 孝之/小谷真理
・創刊50周年記念特別企画 福島多賀子インタビュウ インタビュアー&構成:日下三蔵
・SFマガジン年表 PART・2〈1986年~2009年〉
・第21回「SFマガジン読者賞」発表!
【新連載】
「零號琴」 飛 浩隆
【連載】
「減速の蹉跌 怨讐星域 第13話」 梶尾真治
「議論の余地はございましょうが 連作シリーズ《あたらしいもの》」 新城カズマ
SF Magazine Gallery2「時の塔 Tower of Time 2」 加藤直之

表紙:ハヤカワ・デザイン
ハヤカワ・オンライン→http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/721002.html

SFマガジン 2010-2を読みました。
連載小説
「怨讐星域」梶尾真治 第13回
の掲載号です。

特大号ということで536ページの大ボリューム、厚みにして3センチ
・・・読むのに時間がかかりました(^_^;) 

【創刊50周年記念特大号 PART・2 日本SF篇】
借りたのが日本SF篇だったので全作読むことが出来ました。海外篇だったら何作も挫折したかも(笑) 特に印象的だったのは次の3作。

○「ザナドゥ高地」 谷 甲州
『かつてタイタン防衛宇宙軍に所属し航空宇宙軍と戦った退役大佐が政府査察官としてザナドゥ高地の基地を再訪する』
航空宇宙軍史シリーズの十五年ぶりの新作ということで「火星鉄道一九」収録の「タイタン航空隊」とリンクしています。相変わらず地味な内容でシリーズ既読じゃないと意味不明なのは保証します(笑) 「連作化の予定です」とのことなので期待しちゃいますね~

○「カッパの王」 田中啓文
『大学生の正彦は階段から落ちたのをきっかけに、カッパ、人魂、ツチノコ、UFOなどなど様々な怪現象に遭遇するようになる』
おどろおどろしいイラストがついているのでハードな内容かと思ったらバカSFでした。様々な怪現象の原因をすっきり(?)説明し、思いもよらない大風呂敷展開におののきました。こういうの好きです(^_^)

○「地球から来た男」 山本 弘
『太陽系外探査巨大宇宙船で密航者が発見される。自称中国人の「彼」は今どき珍しく完全に生身の体だった』
「地球移動作戦」の約30年後が舞台で、ピアノドライブやクレイトロニクスマシンなどの夢のようなテクノロジーは共通です。この無邪気で楽観的な科学万能主義は相変わらず鼻に付きますが、もしかしたらその点も作者の狙いなのかもしれませんね~ 密航者の正体は好意的な描写ではありますがタブーに触れるようなもので。。。これは場合によっては物議を醸しそうです。

【連載】
・「減速の蹉跌 《怨讐星域》第13話」 梶尾真治
『宇宙船ノアズ・アーク号にて。ノアズ・アーク号は行程の半分に差し掛かり減速を始めるべき時が近づいていたが3年前の事故でその見通しが立っていなかった。が、ロボットを使った作業を試みるが失敗に終わった、と思われたときに突如減速を始める。事故で死亡した技術者たちが時限自動操縦を仕掛けていたのだった』
舞台は一転してノアズ・アーク号になります。こちらも必ずしも順調というわけではなく。。。 柄にもなく(笑)約束の地の人たちと上手くいくようになんて願っちゃいます。

【気になった本】
・今はもういないあたしへ…/新井素子
スポンサーサイト



2014年3月の鑑賞メーター

観たビデオの数:4本
観た鑑賞時間:367分
びぎRの鑑賞メーター⇒http://video.akahoshitakuya.com/u/30130



 
特選「刑事コロンボ」完全版~死者の身代金~【日本語吹替版】 [VHS]
テレビ放送に先駆けて放送されたパイロット版。女性弁護士が夫を殺してその誘拐事件をでっちあげる。「殺人処方箋」のときはコロンボが若すぎると思ったけど今回は違和感はなかった。相変わらずコロンボの犯人への嫌がらせは酷い(笑) 飛行機の操縦シーンがなんとも。。。操縦桿ってあんなのなのか?犯人と義理の娘の女の戦いが凄まじい。犯人が友達に頼んだ電話がカギになると思ったけど結局関係なかった。
鑑賞日:03月04日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/21Oihpc7iJL._SL75_.jpgゴジラ <昭和29年度作品> [DVD]
テレビでなんとなく見たことはあるけどしっかり見たのは初めて。特撮はさすがの一言、この時点で完成されている。スケール感があり迫力は後発作品に全く引けを取らない。ストーリーは単純だが主張もありしっかりしてる。ヒロインの河内桃子が美しい。終盤は破壊シーンとは対照的に静謐でシュールですらある。怪獣映画の嚆矢にして金字塔。
鑑賞日:03月26日 監督:本多猪四郎
 

 
 
ハマカーンの進行でバラエティ色が強い印象。しかし理系大卒の神田は適任で自ら実験、観察をこなす。なかにはそこそこグロいもの(心臓が出来かけの有精卵の観察とか)も。。。 印象とは違い充実した番組構成、勉強になった。
鑑賞日:03月26日

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41V3Z7JpoDL._SL75_.jpgおおきく振りかぶって 1 [DVD]
GyaO!で全25話鑑賞。原作漫画に忠実なアニメ化。主人公が自虐的すぎ、新設高校野球部に人材が揃いすぎ、などなどの点を除けばリアル(?)な高校野球の描写。主人公がダメダメに描かれているけど、ピッチャーをできるだけの運動神経はあるわけで。。。全然ダメだった私からすると羨ましいんだけど(^_^;) 試合の時のブラバンの応援も印象的だった。3巻までで読むのをやめてしまった原作漫画を読みたくなった。
鑑賞日:03月28日 監督:水島努

http://ecx.images-amazon.com/images/I/21v7T4IYgXL._SL75_.jpgたそがれ清兵衛 [DVD]
宮沢りえが可愛く美しい、そして真田広之がむさい。命を懸けた仕事の時くらい月代剃ればいいのに。。。(笑) 田舎侍(=小役人)の日常の描写がリアル。身分としては上の侍でも当時の生活はこんなもんだったのだろうと実感できる。たぶんもっと上の階級でも現代とは比較にならないんだろうな~ クライマックスの死闘は迫力満点、武器の違いがはっきり出た結末も良かった。吹越満、小林稔侍など脇役もいい味出していた。
鑑賞日:03月30日 監督:山田洋次

 

 
 
サンドウィッチマン進行で勉強というよりは観光番組の趣き。伊達が社長の旅行会社が世界各地のツアープランを企画する設定。レポーター(と言っても国内)のミータスこと今野美里が楽しそうでとっても良い。ナレーションもこなして意外と芸達者?
鑑賞日:04月02日
 
その他、見ている途中のシリーズもの
「内村さまぁ~ず」 「ウルトラマン」 
「スラムダンク」 「となりの関くん」 「クロスゲーム」
NHK高校講座 「地学基礎」 「政治・経済」
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ