SFマガジン2011-5

特集は「チャールズ・ストロフ&コリイ・ドクトロウ特集」。収録の短編3編中2編で途中ギブアップでした(>_<) 読み切れた「エインダのゲーム」はオンラインゲームの話。これは限りなく現実に近い内容なのでセンスオブワンダーに乏しい気がしました。
連載小説「怨讐星域 第18話」はいよいよ「約束の地」に近づくノアズ・アーク号が舞台。2万人近くが乗り組む巨大宇宙船となると宇宙船から惑星に移住するだけでも大事業です。敵対する「先住民」なんて想定していないようで…
     
スポンサーサイト



北村薫・編_『謎のギャラリー特別室』

いかにも北村薫氏が好きそうな「謎」に満ちた12編、文学チックな話からマンガまで多様な構成です。
・遊びの時間は終わらない
『銀行強盗の防犯訓練は犯人役の刑事の活躍(?)で思わぬ長期戦に入っていく。』
ナンセンスなドタバタ話。モックン主演で映画化されているそうです。見たいな~ 
・ナツメグの味
『友人をめった切りにしたとかつて疑われた男は至極穏やかな人物だった。しかし…』
 こういう人、身近にいたら怖いな~、いるかもしれない。私自身は違う…と思います(笑)
     

・収録作品
遊びの時間は終らない(都井邦彦)
俄あれ(里見)
猫の話(梅崎春生)
なにもないねこ(別役実)
チャイナ・ファンタジー、巨きな蛤、家の怪、寒い日(南伸坊)
ねずみ狩り(カットナー,ヘンリィ)
煙の環(ライス,クレイグ)
ナツメグの味(コリア,ジョン)
やさしいお願い(樹下太郎)
歌の作りかた(阪田寛夫)
獅子の爪(コッペ,フランソワ)
エリナーの肖像(アラン,マージャリー)

筒井康隆_『日本以外全部沈没』

1962年~1976年に書かれた11篇からなるパニック短篇集です。時代を背景に政治、社会の狂気を皮肉った(あるいは賛美したw)作品が多くなっています。
・日本以外全部沈没
あの「日本沈没」のパロディで、世界のVIPが東京のクラブで繰り広げるドタバタ劇です。小林桂樹や豊川悦司に似た「田所博士」が出てくるのがキモですね~(笑)
・あるいは酒でいっぱいの海、黄金の家
この2作は政治、社会色のない純(?)SFです。両方ともとても短いのですが切れ味鋭く、私はこういうやつの方が好みです(^^) 
   

・収録作品
日本以外全部沈没
あるいは酒でいっぱいの海
ヒノマル酒場
パチンコ必勝原理
日本列島七曲り
新宿祭
農協月へ行く
人類の大不調和
アフリカの爆弾
黄金の家
ワイド仇討

2015年6月の鑑賞メーター

観たビデオの数:2本
観た鑑賞時間:804分
びぎRの鑑賞メーター⇒http://video.akahoshitakuya.com/u/30130

http://ecx.images-amazon.com/images/I/5152QKZZB1L._SL75_.jpgシュレック [DVD]
普通のお姫様ものとは一線を画す展開&オチはなかなかぶっ飛んでいる。はまちゃん吹き替えの関西弁が鼻につくけどそのうち慣れた。姫の鳥への仕打ち(?)がショッキングで良かった(笑) ディズニーのアニメとは違う独特の質感が印象的。
鑑賞日:06月23日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51MERH6QA1L._SL75_.jpgウルトラQ コレクターズBOX (初回限定生産) [DVD]
全28話鑑賞。前から見たいと思っていたのだけどやっと初鑑賞、子供の頃は怖くて見られなかった(笑) ペギラ、バルンガ、ガラモン、カネゴン、ケムール人など名前は良く知っている怪獣たちの原点を見られただけでも収穫。お決まりのパターンがあるウルトラマンなどと違ってストーリーがどう展開するか予想がつかないのでとても面白い。中には破綻している話もあったけど(笑) 二瓶正也(イデ隊員)、黒部進(ハヤタ隊員)、小林昭二(ムラマツ隊長)、天本英世(死神博士)などなど多くの俳優がゲスト出演している。
鑑賞日:06月27日 監督:

その他、見ている途中のシリーズもの
「内村さまぁ~ず」 「帰ってきたウルトラマン」 「赤ずきんチャチャ」
「あたしンち」 「プラネテス」

鑑賞メーター

上橋菜穂子_『獣の奏者 外伝 刹那』

「獣の奏者」の外伝という事で、エリンとイアルの馴れ初め、若き日のエサルを描いた中編を収録しています。
・「刹那」:過酷な運命を背負う子供を作るのをためらうイアルの苦悩が印象的です。エリンがそこを前向きにとらえるのが素敵です。 
・「秘め事」:エサルが若い時に意外とハッチャけていたのにびっくりしました。真実を追求する熱意はエリンと共通する部分も多く、エリンに寛容なのにはこういう背景があったのですね。
・「初めての」:ジェシ可愛いっ!エリンをおもいやって加減するところなんか最高です(笑)
     
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ