ニュートン 2014-6 天気予報の科学

・天気予報の科学=現在の天気予報では様々な気象観測で得たデータをスーパーコンピューターで解析し過去の経験に照らし合わせて修正するとのことです。上空の天気が予報には重要というのはよくわかりましたが、前線に伴う天候の変化のメカニズムはよくわかりませんでした。天気予報が実際どれくらい当たっているのかまとめているところが興味深かったです。
・インコ、オウムの華麗なる姿=「冠羽」とよばれるとさかのような羽があるのがオウムで無いのがインコだそうです。私はてっきり小さいのがインコだと思っていました。
     
スポンサーサイト



宮部みゆき・編_『贈る物語 TERROR』

今や大御所とも言える宮部みゆきが贈る怖い話たち15編。氏が影響を受けた有名な話が並んでいます。とは言え私が読んだことがある作品はありませんでしたが… さすが現代の語り部が選ぶだけに珠玉の作品ぞろいです。が、それにも増して本書の多くを占める氏による解説(というかエッセイ)がなかなか面白く、物語への深い愛情を感じました。

『猿の手』=とってもクラシカル、でも怖い。
『オレンジは苦悩、ブルーは狂気』=ミステリー風の出だしと意外なオチがいい感じ。
『虎人のレイ』=ゲーム攻略本のキャラクター解説。ゲームマニアの本領発揮?(笑)
『デトロイトにゆかりのない車』=人間味のある死神が微笑ましい。
     

・収録作品
猿の手(W.W.ジェイコブズ)
幽霊ハント(H.R.ウェイクフィールド)
オレンジは苦悩、ブルーは狂気(デイヴィッド・マレル)
人狼(フレデリック・マリヤット)
獲物(ピーター・フレミング)
虎人のレイ『ブレス・オブ・ファイア3』より
羊飼いの息子(リチャード・ミドルトン)
のど斬り農場(J.D.ベリスフォード)
デトロイトにゆかりのない車(ジョー・R.ランズデール)
橋は別にして(ロバート・L.フィッシュ)
淋しい場所(オーガスト・ダーレス)
なぞ(W.デ・ラ・メア)
変種第二号(フィリップ・K.ディック)
くじ(シャーリー・ジャクスン)
パラダイス・モーテルにて(ジョイス・キャロル・オーツ)

B・フロッカ_『月へ-アポロ11号のはるかなる旅-』

アポロ11号の概要を知りたかったので読むことにしました。子供向けなので(予想通り)本当に概要だけです。子供向けにはこれで十分だし絵もきれいでワクワクさせる良い絵本だと思います。巻頭の図解と巻末の文章で少し詳しい解説があるのでそちらが私には参考になりました。概要はこれで把握できたのでより詳しい資料を探してみようと思います。
     

2015年9月の鑑賞メーター

9月の鑑賞メーター
観たビデオの数:4本
観た鑑賞時間:461分
びぎRの鑑賞メーター⇒http://video.akahoshitakuya.com/u/30130

http://ecx.images-amazon.com/images/I/314NLBXGs3L._SL75_.jpg男はつらいよ 寅次郎真実一路 HDリマスター版 [DVD]
マドンナ大原麗子の失踪した夫を一緒に探す話。寅さんの淡い恋心、優しい気持ちがよくわかる。米倉斉加年演じる大原麗子の夫がいい味出している。サラリーマンの悲哀だなぁ~(笑) 夫婦の家のある牛久は個人的にちょっと懐かしい。タコ社長の娘役の美保純が可愛い。
鑑賞日:09月05日 監督:山田洋次

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51UOq6Wq8iL._SL75_.jpg非女子図鑑 [DVD]
鳥居みゆき演じるイブを始祖とする「非女子」の生態を描くオムニバス作品。ブラ男とノーブラ女の確執を発掘現場を舞台にして描く「B」は2人の関係がなんか微笑ましい。「死ねない女」は最終的には仲里依紗の美しさが印象に残るが、軽薄なデカ長(佐藤二朗演)も勇者ヨシヒコのときと同様にいい味を出している。各編とも気軽に見るのにちょうどいい感じだった。
鑑賞日:09月14日 監督:

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51rvsOHDUnL._SL75_.jpgまほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション [DVD]
原作の印象を完璧に再現している、と言っても読んだときにはすでに映画のイメージが刷り込まれていたんだけど… 地元が舞台なので知ってる場所が出てくるのが単純にうれしい。私が気に入った行天の台詞は映画にはなかった(と思う)。
鑑賞日:09月17日 監督:大森立嗣

http://ecx.images-amazon.com/images/I/514iY%2B2V07L._SL75_.jpg鍵泥棒のメソッド [DVD]
凄腕の殺し屋と売れない役者が入れ替わり、そこに結婚志願のキャリアウーマンが絡む。。。 香川照之の殺し屋の生真面目さに笑った。広末涼子は可愛い。今作では脇役だけど堺雅人がいい味出している。ラストのキューンには爆笑。ブレイク前(?)の荒川良々が意外な役だけどはまっていた(ちょっと間抜けなところも可愛い)。とても面白かったのでギャオ配信中にもう一回見た。
鑑賞日:09月27日 監督:内田けんじ

その他、見ている途中のシリーズもの
「内村さまぁ~ず」 「帰ってきたウルトラマン」 「赤ずきんチャチャ」
「あたしンち」
「NHK高校講座 日本史」
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ