2017年10月の記録

・読書記録


下戸は勘定に入れません感想
『おれは特定の条件下で酒を飲むことで過去を見ることが出来る体質だ。』 以前読んだ「七回死んだ男」同様、特殊な条件をつけた上での本格推理テイスト。4つの章に分かれているもののそのうち3つは密接に関連付けられてひとつのタイムスリップものになっていて、途中で追加される条件によって話はツイストする。登場する母娘の関係は予想より穏当でちょっと肩透かしだった。
読了日:10月01日 著者:西澤 保彦



バガボンド(13)(モーニングKC)感想

読了日:10月03日 著者:井上 雄彦




新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)感想
勝海舟との出会いによって竜馬の道が大きく拓ける。勝海舟の伝記はむか~し読んだはずだけどよく覚えてない(^_^;) 竜馬の考え方はあまりに進歩的で作者による後出し感も漂う。生麦事件に端を発した薩英戦争はこの後か?
読了日:10月09日 著者:司馬 遼太郎


太陽の黄金(きん)の林檎〔新装版〕 (ハヤカワ文庫SF)感想
『幻想と詩情にあふれる22篇』ということで、私にとってはやや高尚でなんとも言いづらい作品が並ぶ。場面を想像しやすい「霧笛」、現代社会を予見し批判するような「人殺し」が印象に残った。
読了日:10月10日 著者:レイ ブラッドベリ



あたしンち 21感想
全21巻読了。他の方同様、「読み終わってしまった~><」が一番の感想。どの巻も安定しておもしろくて老若男女に愛される国民的漫画だと思う。やはり気になるのは「みかん→岩木くん」と「川島さん→ユズヒコ」、両方ともほっこりする展開で思わずにやける(笑)
読了日:10月13日 著者:けら えいこ




ウォッチメイカー〈下〉 (文春文庫)感想
『アンティーク時計を現場に残す殺人者、公認会計士の偽装(?)自殺、アメリアは2つの事件を同時に追う。』2つの事件に関連がある、というところまでは予想がついたが、ウォッチメイカーの殺人の真相には驚いた。ただ、もうひとツイストにはやりすぎ感も漂う。このシリーズは犯人に人間味が無く魅力が無いのが欠点かな~ どっちかというとバカな共犯者の方が(ゲスの極みだけどw)魅力的。キャサリン・ダンス・シリーズも読もう。
読了日:10月18日 著者:ジェフリー ディーヴァー



バガボンド(14)(モーニングKC)感想

読了日:10月27日 著者:井上 雄彦



新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)感想
山内容堂の手で土佐の勤皇政権武市半平太らが捉えられ処刑される、など反動が吹き荒れる。親しんだ登場人物の死去は悲しい。
読了日:10月27日 著者:司馬 遼太郎


巨神計画〈上〉 (創元SF文庫)感想
「異星人の残した巨大ロボット」という内容も興味深いんだけど不思議な記述方法が印象的。インタビュアーの正体がとっても気になる。上巻の幕切れは衝撃的。字体で話者を区別しているがちょっとわかりにくい。
読了日:10月30日 著者:シルヴァン・ヌーヴェル


巨神計画〈下〉 (創元SF文庫)感想
下巻は人間同士の確執が中心となりややトーンダウン。エピローグでにんまり展開(ある程度予想できたけど)。三部作の第一部ということだけど続きは必読だな~
読了日:10月31日 著者:シルヴァン・ヌーヴェル


バガボンド(15)(モーニングKC)感想

読了日:10月31日 著者:井上 雄彦


・鑑賞記録


おそ松さん 第一松 [DVD]

GyaO!で第1~15話鑑賞。「おそ松くん」は見たことがないんだけど…下劣、シュール、実験的で、話題を集めるためにキャラを借用した、と邪推する。まぁ、そういうところを含めて嫌いではない(笑) 六つ子はカラ松、十四松以外は見分けがつかない(^_^;)
鑑賞日:10月02日 監督:藤田陽一


清須会議 スタンダード・エディション [DVD]
三谷監督作品ということで喜劇成分多め。大泉洋の秀吉は最初違和感があったけど最後にはそれらしく見えてきたのが不思議。お市、松姫、女は怖い(笑)
鑑賞日:10月10日 監督:三谷幸喜


MM9 DVD-BOX I(仮) 【期間限定版】
全13話鑑賞。尾野真千子、高橋一生、松重豊と何気に豪華なキャスト(2010年当時ではそうでもない?)。山本弘の原作小説とはほとんど別物だけどコンセプトは踏襲している。ただし、特撮はしょぼいのでその点は期待してはいけない(笑)
鑑賞日:10月11日 監督:樋口 真嗣


パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
鑑賞期限が近くなったので再鑑賞。ニコ動でコメント付きで見たのもあってか、1回目よりも面白く感じた。ストーリーを追わずに映像に没頭したのも良かったのかな?原作(?)小説も読む、映画も手元に置いておきたい。
鑑賞日:10月19日 監督:ギレルモ・デル・トロ


舟を編む 通常版 [DVD]
「辞書を作る仕事」という内容は地味~。ああいう大きい辞書には関りがなく生きてきたけど、きっと世の中には必要なものなんだろうな~(笑) 
鑑賞日:10月20日 監督:石井裕也


ふしぎの国のアリス [DVD]
以前プレイしたゲーム「キングダム ハーツ」に出てくるので、その背景を知りたくて見たんだけどゲーム以上にシュールだった。夢オチなのねー
鑑賞日:10月27日 監督:

スポンサーサイト



リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ