2019年2月の記録

・読書記録


ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC)感想

読了日:02月01日 著者:幸村 誠




流浪の皇女 (グイン・サーガ144巻)感想
イシュタール=ドリアン王子を誘拐したアストリアスたちとそれを追うグラチウスたち。ワルスタット=幽閉されたアクテとリギアの元にグインが訪れる。ヤガ=ババヤガの暴走で大混乱に陥る。クリスタル=シルヴィアがナリス様(?)の元に連れてこられる。一方レムスは… 今回は色々と話が進み「あの方」のラスボス感がいよいよ高まってきた。最終的にグインと対決なのか???
読了日:02月07日 著者:五代 ゆう




宮本武蔵(五) (吉川英治歴史時代文庫)感想
『舞台は江戸に向かう。お通は又八に誘拐され連れまわされる。武蔵はお甲と藤次の罠から脱出するが行方不明に。城太郎は大盗賊と旅をする破目に。お杉は小次郎と合流。小次郎は相変わらずの傲慢振りを発揮。』
吉岡一門との決闘を終えた武蔵がお通、城太郎と巡りあいほっとしたのもつかの間に怒涛の展開が続く。小次郎のヒール振りが凄まじく「バガボンド」とは真逆の印象→こっちも好き(笑) 杖使いの権之助のエピソードは(厳しいけれど)清涼感がある。
読了日:02月15日 著者:吉川 英治


Newton(ニュートン) 2018年 05 月号 [雑誌]感想
・ゼロからわかる量子コンピューター=とは言えよくわからない。通常のコンピューターにはない「量子アルゴリズム」が必要とのこと。
・太陽に異変がおきている?=黒点が無い時期に地球が寒冷化するのは太陽系の外からの宇宙線により雲が増えるからだとのこと。現在、黒点が減り太陽活動が弱まっている。
・「偽りの記憶」の心理学=記憶は元々エラーをおこしやすいとのこと。そう言われるとなんか気が楽になる(笑)
読了日:02月18日 著者:


オケ老人!感想
『数学教師の中島はふらっと入ったアマオケのコンサートに触発されて昔の情熱を思い出した。』
タイトルどおり老人ばかりのオーケストラの話で「音楽版スポ根だろう」ぐらいの気持ちで読み始めたが、良い方向に裏切られた。私自身が少しかじったことがあるのでアマチュア音楽の話は琴線にふれる、ロシア(?)のスパイも絡んできて、どうなるのかという怒涛の展開。そしてまさかのオールハッピーの大団円(中島先生はちょっとかわいそうだけどw)。作者の「ちょんまげぷりん」はなかなか面白かったので期待はしていたがそれを完全に上回った。他にも多くの作品を書いているので読んでみよう。
読了日:02月21日 著者:荒木 源


宮本武蔵(六) (吉川英治歴史時代文庫)感想
『武蔵は伊織と出会いその村を匪賊から救う。江戸に出ると小次郎、半瓦、お杉らと静かに対立。お通は柳生により又八から救い出されていたが、武蔵とはすれ違いなかなか出会えない。細川家が小次郎と武蔵を雇おうかと動く。』
話が進みついに「バガボンド」後に。もっとも、ここまででもバガボンドとはかなり違うので「続き」という意味合いは少ない。老成した軍学者然な武蔵と手段を選ばない小次郎の対比が面白い。
読了日:02月27日 著者:吉川 英治

・鑑賞記録


プロジェクトX 挑戦者たち 友の死を越えて ~青函トンネル・24年の大工事~

2019/2/1に鑑賞
出水に悩まされるが海底を掘るのだから仕方が無いと思う。それを止めてしまう人間の英知に感嘆。すごい難工事だがこれでも先進坑道だけなのだから本坑を含めた工事の困難は想像もつかない。青函トンネル工事の全貌を描くには45分では明らかに尺が足りなく、ほんのさわりだけって感じ。


アンドリューNDR114
(1999年製作の映画)
2019/2/12に鑑賞
アシモフの短編(未読)の映画化ということだけど、無理に引き伸ばした感は否めない。ロボットロボットした外見の前半はコミカルだったが人間の外見を持った後半は少し不気味に思えた。アンドリューの場合はバグで生じた「人間らしさ」が過度だったようだ。ガラテア位だったら丁度いいのに… 原作小説も読んでみる。


オカンは俺より野球が好き
2019/2/20に鑑賞
息子がどこかで見たと思ったら「ひよっこ」の幼馴染役の俳優だった。スポ根じゃないところが好印象。まぁ、これはお母さんが悪いわ。息子が母に捧げる歌は初心者が作ったにしては完成度が高すぎ(笑)だが、いい歌だった。


レミーのおいしいレストラン
(2007年製作の映画)
2019/2/26に鑑賞
安定のピクサー品質。「誰でもシェフになれる」の台詞と決め手の料理が家庭的なラタトゥーユっていうのがグッとくる。ラスボスっぽいキャラが結構良い人だったのが意外だった。ただし、大量のネズミ描写、主人公が最後まで頼りない、はちとマイナス要素。

=======================================
ヤフーブログサービス終了は結構ショックです。前のブログ(更新停止)からだと約14年になりますから… ユーザー数も減っているようですし、ビジネスとして厳しくなったんでしょうねぇ。私自身も月一更新ですし… さいわい引越しツールが用意されるようなので期日までに引っ越そうと思ってます。引越し先の選定がなかなか難しいですが、今後もサービスが長く続きそうなところが良いかなと。

スポンサーサイト



リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ