綾辻行人_『眼球綺譚』

http://a248.e.akamai.net/f/248/37952/1h/image.shopping.yahoo.co.jp/i/j/7andy_30581900
「綾辻行人_眼球綺譚」を読了しました。→読書リスト
店名は《YUI》 その店の特別料理はごく普通(!)の「ゴ○ブリ料理」から始まり…
上客限定〈ランクA〉のスペシャルメニューとは?

特別料理
綾辻行人氏は言わずと知れた本格ミステリーの大家です。
しかし私は以前「十角館の殺人」を読んだのですがいまいちピンと来ませんでした。
ホラー短編集を図書館で見かけたのでリベンジを果たすべく(笑)読んでみることにしました。

各話に由伊という名の同一人物ではない女性が登場します。全体の色調は少々グロテスクなファンタジック
ホラーといったところです。ストーリーテリングが上手く、恐怖感がじわじわやって来ます。
途中でオチが読めてしまうものもありますが、それはそれで読むものに優越感を与えてくれて快感です(笑)
マイベストは上に記した「特別料理」。この作品は非ファンタジーですが、なんといってもラストが怖い。

今度はミステリーの短編集を読んでみたいと思います。

収録作品
・再生
・呼子池の怪魚
・特別料理
・バースデー・プレゼント
・鉄橋
・人形
・眼球綺譚
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

十角館は、私も途中までいまいちでした。最後、ちょっとびっくりという感じでしたが。
綾辻氏はこれもそうだけど、ホラー系がけっこういいです。ミステリでもホラー落ちが多いですしね。
囁きシリーズとか、けっこう好きですね。

No title

この方は、有名すぎて、読んだことがないですね。
私はミステリの短編から行こうかな。「囁きシリーズ」って??

No title

>藤中さん
十角館の最後…2000年に読んだのですが覚えていません。
ホラー落ちが多いのですか。囁きシリーズチェックしておきます。

No title

>めにいさん
有名すぎるとちょっと構えてしまったり、「今更」と思ってしまったりしますね。
「特別料理」は かな~り 来てました。読者を選びます。

No title

僕は「館シリーズ」好きなのです (^^)/
新本格推理小説は、島田先生のもと綾辻師範がしきってると言ったら言い過ぎかなあ?

ちなみにジョルジュ・バタイユの眼球譚は強烈っす (^^)/

No title

ゴキブリ料理って
どんな風に調理するのですか?

No title

>酒競輪さん
私は本格あまり得意じゃないので長編はきついです。
短編集あたりから少しずつ魅力を認識できるよう修行しようと思ってます。

どう強烈なんでしょう?気になるな~

No title

>エステルるかさん
唐揚げ、炒め物、姿焼きなどお客様のご要望にお答えいたします。
なお当店の材料は無菌飼育で衛生面の問題はございませんのでご安心下さい。
さて、いかがいたしましょうか?

No title

綾辻作品は館シリーズしか読んだことが^^;
こんな作品も書かれているのだと恥ずかしながらこの記事を拝読して知りました。
ありがとうございます

No title

>kotoさん
私もこの前には十角館しか読んだことがありませんでしたよ(笑)
この作品も図書館で見つけて初めて知りました。
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ