瀬名秀明_『小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団』

「瀬名秀明_小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団」(B+)を読了しました。→読書リスト
のび太は偶然北極で巨大なロボットの足を拾い、自宅に持ち帰った。それ以来、家の庭に次々と降ってくるロボットの部品を、ドラえもんと協力して鏡面世界で組み立ててザンダクロスと名づけ、しずかを呼んで遊んでいた。

ウィキペディアより引用
先日読んだ「藤子・F・不二雄_のび太と鉄人兵団」の小説版です。

科学的知識に基づいたSFホラー「パラサイト・イヴ」の作者がドラえもんの世界をどう料理するのかが非常に興味深いところでした。しかし結論から言ってしまうと原作漫画にほぼ忠実な小説化で大きな飛躍はなく、その期待は裏切られた格好になりました。まぁ、原作ファンは大きな改変は認めないでしょうから仕方ないところでしょうね。

漫画だとサクッと済む情景描写が文章でダラダラ書いてあるのは読んでいてまどろっこしいですし、ギャグも文章で説明されても白けてしまうし、小説化したことの弊害も目立ちます。科学的な解説が随所で試みられていますがドラえもんの世界を科学的に解説するのには無理も多く「その説明は長くなるから~」と確信犯的にごまかしてしまったりもしています。そんな中で「鏡の世界ではなぜ左右だけ反対になるのか」の解説はなんとなく納得出来ました。また、巨大ロボットの「頭脳」に関する描写には力が入っていて作者の本領発揮と言ったところです。2011年のリメイク映画では「頭脳」の描写を可愛い方に振っていますが、それとは逆に不気味な方に振っているのがホラー好きとしては評価できます(笑)

終盤にかけては登場人物たちの心理が細やかに描かれたり、巨大ロボット「ザンダクロス」に焦点が当たったり、原作にはないゲストキャラが微妙に絡んで来たり、小説版ならではの盛り上がりを見せます。特に現実世界で観測された異変に言及するあたりは上手く処理されていると思います。ただし、反則気味で安易なラストの問題解決手段はそのままです。ドラえもんの台詞でこの手段に対する疑問が提示されてはいますが、ここは物語の基本骨格なので変えられなかったんでしょうね。

「ドラえもん」にあまり思い入れの無い私にとっては少々物足りない気もしました。しかし原作ファンの評価は概ね高いようですのでドラえもんが大好きな方は一読の価値はあるではないでしょうか。

表紙絵はこちら(Amazon.co.jp)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

オリジナルの漫画がある場合に、それを忠実に小説化というのはちょっと書くほうは難しいし(特にドラえもんはある意味、大雑把だし)、あまり意味がないような。。。(ファンには意味があるのか?(笑)) 案外、オリジナル漫画を読んでいない人には楽しめるかも。。。

No title

>藤中さん
最大のメリットは映画の話題性で売り上げが期待できるってことかも…(笑)
漫画を読んでしまうとまじめに小説を読まないから楽しめない、ってのは確かにありました(^_^;)
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ