2020年1月の記録

「帰ってきた時効警察」をどうしても観たくてアマゾンプライムの無料体験に登録しました。で、アマゾンプライムビデオの映画を観まくってます(笑) 無料で観られる映画は多いのですが、観たいものはそんなにはないので1か月の無料期間だけで十分かなぁ~ 他にも無料体験のある動画サービスはたくさんありますし(^_^;)

・読書記録

インシテミル (文春文庫)インシテミル (文春文庫)感想
『時給11万2千円の7日間の短期バイト、そんな怪しい募集に応募した訳ありの12人は怪しい地下施設に閉じ込められた。』
本格推理のクローズドサークルもの(と言うらしい)特有の不自然な設定を「人文科学的実験」として実現した、という感じ。巻頭の警告どおり不穏当かつ非倫理的なストーリーが展開する。冴えない大学生 結城、裕福そうな麗人 須和名などなど個性的な登場人物たち。須和名は冒頭から明らかに怪しいが。。。本格の約束事に沿ったあり得ない話だけどなかなか楽しかった。映画も見てみたいが、キャストのうち北大路欣也はちょっとそぐわない気がする。
読了日:01月06日 著者:米澤 穂信

Newton(ニュートン) 2019年 03 月号 [雑誌]Newton(ニュートン) 2019年 03 月号 [雑誌]感想
・なるほど物理入門=高校の物理までぐらいは理解しているはずだけどたまに復習しないと忘れる。そして相対性理論、量子力学はやっぱり良くわからん(^_^;)
・世界の絶景=レトバ湖のピンクの湖面がすごい。
・パズルなひととき「はぎれ布のパズル」=正三角形→正方形のパズルが面白そうなので実際に紙を切ってやってみた。
・宇宙天体百科=太陽系に最も近い恒星ケンタウルス座プロキシマはハビタブルゾーンに地球に似た惑星を持つとのこと。もしかしたらそんな近くに宇宙人がいるかも!
読了日:01月06日 著者:

その女アレックス (文春文庫)その女アレックス (文春文庫)感想
『おまえが死ぬのを見たい-男はそう言ってアレックスを監禁した。美貌のアレックスはなぜ誘拐されたのか?誘拐事件にトラウマのあるカミーユ警部らは救出に全力を注ぐ。』
壮絶な誘拐監禁描写、情報の少ない中での救出活動、と誘拐ものとして好スタートを切るが…誘拐の理由、アレックスの正体、その動機、などなど話が二転三転する。捜査陣の容貌や性格も個性的。英米のミステリーと比べるとやや陰鬱なフランスの雰囲気も面白い。なかなか救いのない話だが、最後の警察の判断(敵役(?)も巻き込んで)には意表を衝かれた。面白かった~。このシリーズ(全4作)はぜひ読みたい。
【ネタバレ感想】自身を殺した罪を負わせる復讐はあまりに確実性を欠く。あれだけの実力(!)があれば「硫酸」の方が手堅いなぁ(^_^;)
読了日:01月12日 著者:ピエール ルメートル

ヴィンランド・サガ(20) (アフタヌーンコミックス)ヴィンランド・サガ(20) (アフタヌーンコミックス)感想

読了日:01月14日 著者:幸村誠




ヴィンランド・サガ(21) (アフタヌーンコミックス)ヴィンランド・サガ(21) (アフタヌーンコミックス)感想

読了日:01月17日 著者:幸村誠




ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (2)ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (2)感想
『ソウカイヤなどニンジャたちの非道、それに鉄槌を下すニンジャスレイヤー。ニンジャロボット、空中の戦い、などなど戦いの描写はパワーアップ。ユカノやヤモト・コキの動向も。』
戦闘シーンは迫力があり趣向を変える努力は見られるが、ややワンパターンでちょっと飽きてきたかも。もう少しストーリーに動きがあれば… とりあえずネオサイタマ炎上(全4巻)までは読む。
読了日:01月20日 著者:ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ

7SEEDS (22) (フラワーコミックスアルファ)7SEEDS (22) (フラワーコミックスアルファ)感想

読了日:01月28日 著者:田村 由美




われらはレギオン2 アザーズとの遭遇 (ハヤカワ文庫SF)われらはレギオン2 アザーズとの遭遇 (ハヤカワ文庫SF)感想
『ボブたちの活躍により人類の生き残りを乗せた最初の入植船が、ついに惑星ヴァルカンに到着した。』
全3巻の第2巻。とにかくボブたち殖えまくりで舞台がとても多くなっている。どれも面白いんだけどちょっと混乱する。登場人物一覧が必須だけど巻末なので読み終わってから存在に気付いた(>_<) クライマックスは強大な敵であるアザーズとの対決になりそうで、王道展開必至? ボブたちの知的生命体への偏愛にはちょっとイラつく。偽ゴリラやラプトルやクラーケンは可愛そう。でもミーアキャットにそっくりだというパヴ人はなんか愛おしい。ヘソ曲がりの私は人類絶滅主義団体VEHEMENTに共感してたりする(^_^;)
読了日:01月29日 著者:デニス・E・テイラー

7SEEDS (23) (フラワーコミックスアルファ)7SEEDS (23) (フラワーコミックスアルファ)感想

読了日:01月31日 著者:田村 由美

・鑑賞記録

ダーティーハリー4 ダーティハリー4(1983年製作の映画)
2020/1/10に鑑賞
今回の山場は回転木馬でのアクション。オートマグを手にした逆光のキャラハンがカッコいい。悪党の最後(ユニコーンの角に串刺し)は結構壮絶。そして女に甘いキャラハン。相棒は出番が少ない割りにやっぱり死んでしまって気の毒

シン・ゴジラ  シン・ゴジラ(2016年製作の映画)
2020/1/18に鑑賞
今更ながら、平成怪獣映画の集大成?を初鑑賞。全体的にはまさしく「ゴジラ」で十分楽しめた。ゴジラ第一形態のグロさはインパクトがあった。また、新幹線爆弾、在来線爆弾は笑えた。終始政府中枢目線でドラマ性に乏しいのが難点、庶民目線もあれば感情移入できたと思うんだけど… CGを駆使したであろう特撮は迫力満点ではあるが、その分ゴジラの怪獣らしさが霞んでしまった気もする。

この世界の片隅に  この世界の片隅に(2016年製作の映画)
2020/1/19に鑑賞
戦局が悪化した状況でも比較的平穏な生活(物資不足ではある)が続くのがちょっと意外だった。すずちゃん、ちょっとボンヤリしすぎの気もするが(笑) そして突然の暗転、非情! お義姉さんと打ち解けられたのはよかった。水原君の乗艦が青葉っていうのが(プチ軍事ヲタ的に)渋い。


プロジェクトA プロジェクトA(1984年製作の映画)
2020/1/23に鑑賞
超有名作だけどちゃんと見たのは初めて。アクションとコメディが高レベルで融合して楽しい。アクションは体を張った本物なので昨今のCGとは迫力が違う。ジャッキーとユン・ピョウのバディ感が良い。水上警察なのに海のシーンは少なめ。海賊の親分がなかなか強くて3人(4人?)がかりでやっと。しかし、最後爆殺って…


ロッキー4  ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)
2020/1/24に鑑賞
制作時の時代からもっと政治的な内容を含むのかと思っていたけど意外と単純なストーリーだった。試合の殴り合い(ほとんど棒立ち)はとても激しかった。だんだんとロッキーを応援しだす観衆、ロッキーへ敬意を感じ始めるドラゴ、勝利後のロッキーのインタビューなど、東西の雪解けムードを反映した感じ。もっとソ連を悪者扱いすると思っていたのでこれは意外だった。これならロッキーとドラゴにも友情が芽生えるのでは?


宇宙人ポール  宇宙人ポール(2011年製作の映画)
2020/1/25に鑑賞
グレイタイプの宇宙人ポールとオタク2人組の織り成すドタバタロードムービー。政府施設から逃げ出したポールを故郷に帰す、とストーリーは割と単純。とにかくポールのキャラが良い。あの下品なオッサンキャラはどこで身に着けたんだろう?彼の本質があんななのかな? 生き返らせた小鳥を食べちゃうのがツボ(笑)


メン・イン・ブラックメン・イン・ブラック(1997年製作の映画)
2020/1/26に鑑賞
黒のスーツ、サングラスが有名。コメディだと思っていたけど意外にちゃんとしたSFだった。ブルース・ブラザースとちょっと混同していたかも(笑) ドロドロネバネバ成分、虫成分多めなので苦手な方は要注意。SF的に「ビー玉の中の銀河」ミステリー的に「オリオンのベルト」なんかはちょっとグッと来た。


アイアンマン アイアンマン(2008年製作の映画)
2020/1/30に鑑賞
アイアンマンは名前を知っていた程度だった。兵器メーカーのワガママ社長がヒーローの正体っていうのが面白い。見事なクズ男ぶりに憧れるが、終盤割と良い人になってるのが残念(笑) アイアンマン1号機の武骨なスタイルや製造過程が好き。決定版の3号機はちょっと格好良すぎるな(笑) 年長の良きパートナーに思えたオバディアが実は黒幕だったのにはちょっと意表を突かれた。長年の関係はなんだったん? SFとして見るとツッコミどころも多いけどそれは置いておこう。


帰ってきた時効警察 帰ってきた時効警察(2007年製作のドラマ)
2020/1/16 第四話~最終第九話鑑賞
これで全シーズン全話見たが、シーズン2が一番面白い気がする。特に第四話は異様にシュール、歌手三日月! 早目屋や真加出とかも面白い。真加出がシーズン2だけなのがちょっと残念。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

〈その女アレックス〉ピエール・ルメートル

去年の海外ミステリーベスト1位を制覇した作品、最後に待ちうける驚愕がある作品ということでかなり期待度大で、予約した当初の図書館予約のすさまじさにもめげずに待ち続けた作品でもあります。去年予約したのに、今年の5月になってからやっと来たと言うだけで予約のすさまじさがわかりますね。。。(笑)この作品はネタばれ禁止な感じなのであまり内容については触れないようにしますが、とりあえずは死にざまを見たいと...

シン・ゴジラ

ちょっと前に話題になっていた作品で、エヴァの庵野監督だからどんなもんかと思って観てみた。あらすじは、東京湾アクアラインでトンネル崩壊が起こり、その原因として海中に住む謎の生物の存在がわかる。その後、海上から巨大な生物が出現。東京を破壊しながら進むその生物に日本政府はなすすべもなく、事態を見守ることになるが、謎の生物は東京湾へと姿を消す。後日、再び謎の生物が相模湾に出現し、鎌倉に上陸するのだが...

〈インシテミル〉米澤穂信

前々から、妙に気になっていたこの本だけれど、いつも予約が入っていて読めなかったしろものです。だけど、年始のどさくさで、図書館の人気棚にあったので、しめしめとばかりに借りてきました。時給11万2千円。しかも作業内容に応じてボーナスあり。そんな文句に惹かれて、モニターに応募した12人は、『暗鬼館』という、窓もない地下室に閉じ込められることになる。そこで規律を守って7日間だけ過ごせば、手取りが18...

その女アレックス

その女アレックス ピエール・ルメートル 橘明美訳 文春文庫ALEX by Pierre Lemaiter 2011賞を取った有名作?ってことで古本屋(TUATAYA)で買いました。 突然拉致監禁され、全裸で身動きできない檻に閉じこめられたアレックス誘拐犯はお前の死ぬところを見たい!とだけ宣言する 一方、目撃証言しかない誘拐事件の担当にされたのは、3年前誘拐犯に妻を殺され、一時休業していた短躯...

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ GODZILLA Resurgence 映画 劇場公開 2016年 日本総監督・脚本:庵野秀明、監督・特技監督:樋口真嗣音楽:鷺巣詩郎、伊福部昭観てきました。おもしろい!!『シン・ゴジラ』予告監督って実写進撃の人なのね・・・・変に恋愛や成長ストーリーがなく、大所高所(悪く言えば上から目線)(政府、官庁などの動き中心)で作られてるので、なかなかリアリティ(政府や自衛隊や国際情勢な...

アイアンマン

アイアンマン デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]amazon.co.jphttp://ecx.images-amazon.com/images/I/519okKMoi4L._SL500_AA300_.jpg&nbsp;アイアンマン IRON MAN アメリカ 2008年 DVD&nbsp;監督 ジョン・ファヴロー 出演者 ロバート・ダウニー・Jrテレンス・ハワードジ...

われらはレギオン2 アザーズとの遭遇

われらはレギオン2 アザーズとの遭遇 デニス・E・テイラー 金子浩訳 ハヤカワ文庫FOR WE ARE MANY by dennis E.Taylor 2017ブックオフより第2部目自分をコピーしてボブたちを増殖させる一方、それぞれのボブ(別名あり)は各所へ旅立つ!絶滅寸前のの地球から植民惑星を探して送り出すヤツ、付き添って植民惑星を見守るヤツ植民星の女性科学者?にグッ!ときちゃったり知的生...

コメントの投稿

非公開コメント

アマゾンプライム登録しましたか。だからこのラインナップなんですね。。。
その女アレックス、意外性がよく練られた作品でしたね。
シン・ゴジラ、だんだんエヴァンゲリオンに観えてきたかも。。。(笑)
そうそう。7SEEDS 地上波アニメで放映されているので観ていて今3話目ですが、九州から東京に行くのにあまりにも手軽すぎて、大丈夫か~この人たちになっています(笑)

記事を見つけるの大変なのでとりあえず「インシテミル」だけ記事を見つけてきた(笑)
出だしからして面白そうな設定という感じで楽しめましたね。
「宇宙人ポール」はほんとポールのキャラが良いですよね。この作品「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」の主演の2人がSFヲタクで出ているのですが、脚本も2人で書いたらしい。こちらも「宇宙人ポール」同様面白いですよ。

No title

アレックスとゴジラと・・・・気がついたらTBします^^)
ニンスレは少し間を開けないとダメですね・・・・そのうち、中毒っぽくなったけど・・・^^;)

>藤中さん 
・アマゾンプライムはなんか音量が小さい(PCのスピーカーも不調なんですが)ので主に洋画を字幕で見てます。
・その女アレックスは誘拐者の正体にアレックスが気付いて納得しちゃうところから不穏でした。
・ヤシオリ作戦はまさにエヴァでしたね。
・7SEEDS、アニメやってるんでしたね、忘れてました。移動の手軽さは原作も同じです(^_^;)
・インシテミルはタイトルからサイバー空間の話だと思ってました。
・ホット・ファズ面白そうですが、プライム特典ではないので今回は見送りです(^_^;)

>toll_npcさん
ニンジャスレイヤー、今3冊目読んでますが動きが出てきて面白くなってきました。
分厚いので持ち歩きが大変。表紙がちょっとアレですが開き直ってカバーなしで読んでます。

トラックバックありがとうございます

たくさんのトラックバックありがとうございます♪
ひとつの記事からは同じブログに複数のトラックバックを送れない仕様のようなのでお返しできません。
平にご容赦を。。。

返信

>表紙がちょっとアレですが開き直ってカバーなしで読んでます。
ええ~!!
ちょっと、ビックリ?!・・・・笑)

>toll_npcさん
第3巻の表紙は胸をはだけたナンシーなんで特にです(^_^;)
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ