2020年2月の記録

世間はコロナウィルスで大変なことになっていますね~ 元々人混みが嫌いなのでそんなに大きな影響はないのですが、一応いつもより念入りに手洗いうがいをするようにはしています。図書館はネット予約、受け取りが稼働してるのがとてもありがたいです。

2月もアマゾンプライムの無料体験の残り期間で映画を観ました。で、予定通り(笑)無料期間が終了したので忘れずに退会しました。観た映画は高い評価を得ている定番ばかりなので(当然ですが)楽しめました。が、無料とは言え「観なきゃ損っ!」という貧乏性心理で頑張って観てしまってちょっと疲れちゃいました。最近色々な定額制サービスが話題ですが、私には向かない気がします(^^;)

IEに対応しないウェブページがボチボチ目に付くようになったので(YouTubeもサポート終了の予告が出ています)メインのウェブブラウザをIEからGoogle Chromeに切り替えました。Microsoft純正のEdgeも使ってみたんですが、マウスホイールやジェスチャーの使い方などわからないことが多いので… 切り替えてからしばらくたちますが特に不便は感じません。ページの読み込みが少し速くなった気がします。

・読書記録

ニンジャスレイヤー第1部 ネオサイタマ炎上3ニンジャスレイヤー第1部 ネオサイタマ炎上3感想
『ダークニンジャの復活、ナンシー・リーのサイバー空間での活躍、新キャラ ヤクザ天狗、イッキウチコワシでのアムニジアの活動、ソウカイヤ内部の謀反、ニンジャスレイヤーとラスボス ラオモト・カンの初の直接対決 etc.』
相変わらずのサツバツ盛りだくさんだが、新キャラの登場など色々な展開が見られるようになって来た。本筋はニンジャスレイヤーとラオモト・カンの対決だろうが、一区切りの次巻で決着するのだろうか?
読了日:02月07日 著者:ブラッドレー・ボンド+フィリップ・N・モーゼズ,わらいなく

知っておきたい原子力発電 (図解雑学シリーズ)知っておきたい原子力発電 (図解雑学シリーズ)感想
福島第一原発事故から5ヶ月後の2011年8月に初版発行。原子力の基礎知識と原子力発電のしくみを解説する。事故への言及は少しだけ。文字通り「雑学」という内容で原子力発電のイメージがなんとなくつかめる、という程度(難しいことを書かれてもわからないけど)。高速炉って何が高速なの?、沸騰水型と加圧水型の違いって?、ウランの濃縮って?、などよくわからなかったことが少し理解できた(気がする)。
読了日:02月09日 著者:竹田敏一

われらはレギオン 3: 太陽系最終大戦 (ハヤカワ文庫SF)われらはレギオン 3: 太陽系最終大戦 (ハヤカワ文庫SF)感想
『アザーズの来襲が予想される中、ボブたちはそれぞれの課題を抱える。デルタのアルキメデスとボブ、ヴァルカンのブリジットとハワード、親族のジャスティンとライカー、etc. 太陽系最終大戦の結末は?』
全3巻の完結編。アザーズ対応と平行してボブたちの個人的(?)な逸話が語られる。アザーズとの戦いはハードSF系の宇宙戦争物としてはなかなかのリアリティを感じる。科学用語で読者を煙に巻くという常套手段を多用してはいるが、これはハードSF系の宿命かな? ボブたちの個人的な逸話は結局はボブたちとエフェメラル(はかない存在)の関係につきる感じがする。ボブたちが増えすぎたのでこれをいちいち描いていたらキリがないけど… 第1巻の何が起きるかわからないワクワク感は落ち着いてしまったが全体としては良質なSFとしてまとまった印象。訳者あとがきによると続編もあるということで、これもぜひ読みたい。第1巻が21世紀のベストハードSFリストで2位に入ったとのこと。で、1位は読もうと思っている「火星の人」だそうで、なんか期待が高まる。 
読了日:02月14日 著者:デニス・E・テイラー

AKIRA(1) (KCデラックス)AKIRA(1) (KCデラックス)感想

読了日:02月17日 著者:大友 克洋



ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (4)ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (4)感想
『武装霊柩車を駆る運び屋デッドムーン、アンチブディズムメタルバンドのアーマゲドン、ヤモト・コキとジェノサイドの共闘。そして敵の本拠地トコロザワピラーに向かうニンジャスレイヤー、ラオモト・カンとの決着は?』
前半はサツバツな逸話が並ぶ。JKニンジャ ヤモト・コキにはまたしても助っ人登場、裏ヒロイン(?)の彼女も気になる。トコロザワピラー攻略も読み応え十分、謎の退場をしたダークニンジャとの決着は次シリーズか? メインイベントのラオモト・カン戦…期待通りの強さ、迫力十分で堪能できた。その最期も壮絶!
*ニンジャスレイヤーここまでの感想…とても楽しめたが、サツバツが少々過剰で1冊も分厚い(4cm位)ので読むのにエネルギーが要る。少し休んでこのサツバツが恋しくなったら続きのキョート編に進む。
読了日:02月24日 著者:ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ

7SEEDS(24) (フラワーコミックスα)7SEEDS(24) (フラワーコミックスα)感想

読了日:02月25日 著者:田村由美

・鑑賞記録

ジュラシック・パーク III
ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)
2020/2/1に鑑賞
続編第三弾。目玉は大型肉食恐竜スピノサウルスと、空飛ぶ翼竜プテラノドン。スピノサウルスは化石を科博で見たけど、なんかイメージが違った(水棲恐竜だと判明したのは2014年)。一番印象的だったのはエリックが催涙弾でラプトルを撃退する場面、う~ん、逞しい。両親と再会してからは普通の子供に戻っちゃった感があり残念。最後もうひと盛り上がりぐらいあると思ったけど案外あっさり終わってしまった。

レオン
レオン 完全版(1994年製作の映画)
2020/2/2に鑑賞
凄腕の殺し屋が女の魔力に負けて人生を狂わせる話・・チガウ・・
レオンの圧倒的な戦闘力、純朴さ、病み。マチルダの無邪気さ、強さ、悪魔的魅力。そしてスタンの残酷非道、異常性。
正義であるべき警察官が黒幕っていうのがなかなか切ない。ジャン・レノが(鬼武者3の印象と比べると)だいぶスリムだった。

家族ゲーム
家族ゲーム(1983年製作の映画)
2020/2/3に鑑賞
シュール。受験生を抱える家族にありがちのような、だいぶずれているようなそんな描写。松田優作の植物図鑑、宮川一朗太のジェットコースター、伊丹十三の豆乳、由紀さおりの手芸、兄のロゴ入りジャンパーが印象に残った。

スター・トレック 
スター・トレック(1979年製作の映画)
2020/2/6に鑑賞
オリジナルのテレビドラマのキャストによる映画の第一弾。懐かしい面々が登場するが皆けっこう歳をとっている。物語の最大の謎は強大な敵の正体だが、初見だけどなんとなく知っていたので面白さが半減してしまったかもしれない。エンタープライズの出撃など宇宙空間の特撮は素晴らしく今でも通用しそう。

フィフス・エレメント 
フィフス・エレメント(1997年製作の映画)
2020/2/8に鑑賞
地球の危機を救う第五の要素とは? レオンに続きリュック・ベッソン監督作だけど偶然。こちらはコメディ調のSFアクション。ブルース・ウィリスのアクションはさすがの安定感。ゲイリー・オールドマンの悪役振りが決まっている。そしてなんと言ってもクリス・タッカーの怪演が映画の雰囲気を作る。もちろんミラ・ジョヴォヴィッチも忘れてはいけない。予算をかけた独特の未来観も楽しい。私はレオンよりもこっちの方が断然好み。

プロジェクトA2
プロジェクトA2/史上最大の標的(1987年製作の映画)
2020/2/12に鑑賞
プロジェクトAの直の続編、ただしユン・ピョウやサモ・ハン・キンポーは出ていない。悪徳警官、犯罪組織、革命党員、清朝の密偵、海賊などが入り乱れるドタバタ。プロジェクトAとのつながりはあまりないが、アクションの激しさ楽しさは健在。ジャッキーチェンはもちろんのこと、チャン署長を始めとする悪役たちも本格的なアクションで息もつかせない。女性たちも体を張ったアクション頑張ってた。

男はつらいよ 柴又慕情
男はつらいよ 柴又慕情(1972年製作の映画)
2020/2/19に鑑賞
シリーズ第9作。マドンナ歌子は吉永小百合(当時27才)。とらやの面々のおきまりのやりとりは何度見ても笑える。寅さん若いな~(当時44才) 寅さんと歌子の距離感が初々しい。寅さんの一歩引いた感じが切ない。吉永小百合は今の女優と比べてとびぬけて美人というわけでもないけど存在感はさすが。同年代の倍賞千恵子(当時31才)との関係ってどうだったんだろうとふと思った。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニンジャ・スレイヤー(原作小説?)ネオサイタマ炎上#4

ニンジャ・スレイヤー(原作小説?)ネオサイタマ炎上#4原作:ブラッドレー・ボンド(Bradley Bond)&フィリップ・ニンジャ・モーゼズ(Philip Ninj@  Morzez)訳:本克(みたいな字)有・杉ライカ、画:わらいなくNINJYA SLAYER NEO SAITAMA IN FLAMES #4図書館よりニンジャ殺すべし!!ニンジャへの復讐に生きるニンジャ・スレイヤー...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

ニンジャスレイヤーは休み休みがよいですね^^)
スタートレックはおもしろかったですね!
ヒロインが美しかった^^;)
(と思ったけど。。。)

IEは確定申告の時に使っているけれど、なるほど、そろそろEdgeを使わないとダメなんですね。。。普段はGoogle Chromeを使っているけれど、たまにページが表示されなくなったりするので、何か原因があるのかもしれない。。。私が原因か?(笑)
われらはレギオンって、ベストハードSF2位なんですか。。。ちょっとチェックしてみる。。。

>toll_npcさん
ニンジャスレイヤーは体調が良い時じゃないとキツイです(笑)
スタートレックのヒロインはスキンヘッドに目が行きがちですけど実はかな~りの美人さんですね~

>藤中さん 
お役所はIEだったりするんですね~ 規模がでかいから変更が大変そうです。
われらはレギオンは面白かったです。ぜひ1冊読んでみてください。
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

びぎR

Author:びぎR
読書、鑑賞日記です。
月1更新

最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ